笛の音と琴の調べ

ドラマ「陳情令」・「魔道祖師Q」・小説/アニメ「魔道祖師」の感想や考察を綴っているブログです。「君花海棠の紅にあらず」とアニメ「天官賜福」、漢詩で「山河令」もはじめました。

アニメ魔道祖師前塵編2話感想/魏無羨PV木村良平コメンタリー「運命の再会」

1.前塵編第2話「運命の再会 / 序章 誅邪(下)」感想

今日も早起き、そして寒い。
OPで始まる。含光君を見て、ロバで逃げ出す魏無羨。

大梵山。「人に呂布あり、馬に赤兎あり、ロバにリンゴあり」とロバをたたえる魏無羨。縛仙網にかかるリンゴちゃん。

それを仕掛けた蘭陵金氏/金凌(ジン・リン)字・如蘭(ルーラン登場。リンゴを射ぬき、弓の腕前はなかなかのよう。

とつぜん痴れ者に扮する魏無羨。莫玄羽は、蘭陵金氏宗主/金光善の隠し子。金光善は乱葬崗の戦い(夷陵老祖が死んだ)の功労者でもあり、皮肉な巡り合わせでもある。剣をなんなくかわし、術をほどこす魏無羨(これは邪術とされるもの)。

外叔上が音楽と共に登場。雲夢江氏/江澄(ジャン・チョン)字・晩吟(ワンイン)。金凌が誰であるか気づく魏無羨。

魏無羨に斬りかかる金凌を、藍忘機の剣・避塵が守る。ふたりが出会う。含光君の異名は「乱ある所 必ず現る/逢乱必出」。凶暴な邪崇の左腕は大梵山へ逃走したと話す含光君。藍忘機が喋った!この説明はアニメで加えられた部分。藍忘機は目礼をして去る。以前の含光君とは変わったとの印象を抱く魏無羨。藍思追は魏無羨にお礼を伝えている。

金凌と藍景儀は喧嘩をしており、魔道祖師Q23話を思い出す~~。赤子の金凌をめぐる回顧場面……。


天女像
にたどりつく藍思追、藍景儀と金凌。灯りがともり像が浮かびあがるのも美しい。動き出す天女像。天女の左腕に鬼腕が。法器にて天女は鐘の中へ。道成寺の鐘のようである。邪悪な鬼腕は屍をひきよせる。

魏無羨は竹を切りだし、竹笛で屍をあやつる。温寧(ウェン・ニン) 鬼将軍登場!鬼将軍の得意技は鎖攻撃。封悪乾坤袋にて鬼腕を回収。皆は鬼将軍をとらえようと勇みたつ。

穏やかな曲を奏でる魏無羨、鎮まる鬼将軍。魏無羨が後ずさりする内に藍忘機に右腕をつかまれる。鬼将軍は去る。
江澄の紫電が飛んできて、藍忘機の琴がさえぎる。が、紫電に打たれ痛がる魏無羨。莫玄羽は美しいものには、性別や動植物関係なく駆け寄って笑いかけるらしい。江澄に笑いかける魏無羨。

含光君の背に隠れる魏無羨。藍忘機は「常道でなくとも正義の行いだ」とかばう。連れて行かれそうになり魏無羨が「たくましいは美しいけど嫌いだな」と告げると江澄からは紫炎があがる。牛だし嫌いだし……。嫌がられようと「含光君みたいなのはすごく好きだ」と言うと、藍忘機は「この者はー藍家へ連れて帰る」と。魏無羨の「えっ」が好き。

霧深い、姑蘇 雲深不知処へ。魏無羨の叫び声が響きわたる。リンゴちゃんで逃げだそうとするが、リンゴでおびきよせる藍忘機。このリンゴはアニメならでは。

リンゴが放り投げられると舞台は20年前へ。20年前の魏無羨が、天子笑を木の根元に置いている。声は少年時代の江澄か?印象が違う。
玄正18年 歳次は戊寅(つちのえとら)。夜、魏無羨が天子笑を手にして戻ると、藍忘機の姿が。藍忘機に笑いかける。
(つづく)

吹替版の声は、金凌(梶裕貴)が正統派になっている。江澄(緑川光)は渋い、カッコイィ。藍忘機(立花慎之介)も爽やか~。

<アニメ魔道祖師用語メモ>

・人中の呂布、馬中の赤兎呂布三国志一の猛将で馬に乗って戦うのを得意とする、赤兎は天下の名馬。その中で最強のもののたとえ。
縛仙網:金持ちが使う。剣でないと切ることができない。
・金星雪浪袍:蘭陵金氏の家紋が金星雪浪という牡丹の花。その紋がはいった上着
・外叔:母方の叔父。母親の弟。
・信号:各世家ごとに形と色が異なる。
・封悪乾坤袋:内部に巨大な空間があり、ここでは悪を封じる。ドラえもんの四次元ポケットのようなものか?
紫電:奪舎したいかなる妖邪の魂も取り出せる。献舎には効かない。


字幕版エンドカード:樹の根元の天子笑


WOWOW字幕:2020年9月9日放送
WOWOW吹替:2021年1月17日放送

2.オリジナル版と放送版の違い:第2話

第2話、オリジナル版はOPで始まる。
放送版は少し物語が前倒し。そして地上波初OP、今回はOPが流れ吹替版という感じが高まる。

魏無羨が竹を切り出す、金凌が江澄に言われた言葉を思い返すなどはカットされているが、他はそれほど目立たないと思っていたら、藍家に連れて帰る、からの林檎をめぐるところがバッサリ。あの、林檎ぽーんで時がさかのぼる演出は好きである。そして魏無羨と藍忘機の出会いのまま中華風の音楽が流れエンドロールへ。このあたりは魔道祖師アニメらしくて良い。今回の放送版はEDがなし


初回の感想をSNSで見かけたのは、「面白そう」「映像がきれい」「声優が気になる」「名前や設定がよくわからない」という感じだろうか。公式サイトが、スターターブック各回あらすじを紹介しているので、そちらを読みこんでもらうのが無難とは思われる。というのは、第1,2話は一応謎解きのオープニングでもあるので、ここでの解説は、ネタバレと背中合わせで加減が難しい。なので興味をもった人には「そのまま見て(そして一周まわってもう一度見て)」と言うしかない。字幕版では各2話放送だったので、今回まで一気に観ることができた。
原作小説はBLであるが、アニメやドラマでは好敵手なので、親子で視聴しても大丈夫である。そして万人向け、というよりは、好きな人は熱烈に好き、というコアなファンに好まれる作品だとは思う。

3.魔道祖師アニメ みんなで第1話を見ながらコメンタリー

2021年1月15日21:30~22:23に『魔道祖師アニメ 第2話直前 みんなで第1話を見ながらコメンタリー』木村良平(魏無羨)×立花慎之介(藍忘機)が配信された。時間前にどこで配信されるのかとウロウロしたら、Mildomで配信されていた。

「乾杯」で開始。慌てて手元のマグカップで乾杯する。各々が1話放送分を用意し、アニメに沿って説明が入る。立花さんは、木村さんに「第1話でません(CVない)」と言われ、“はあぁぁぁ”と驚いていた。木村さんの笑い声が魏無羨だ。意外と声優さんにも実際に放送されるまではわからないものなのですね。

OPも違うとどよめいている。吹替版OPは画質が上がっているらしい。
そして、転生後の魏無羨、顔は魏無羨だけど、作品世界の皆には莫玄羽に見えている設定だとのこと。そうなのか~。
弾幕コメントでは、莫子淵がジャイアン呼ばわりされ、17歳に見えない、というのにもそれもそうだ。声優さんの話が聞けるのは楽しいです。
立花さん版
外部リンクです

4.第2話の魔道祖師紹介メーカー

姑蘇藍氏子弟の藍思追藍景儀。コメンタリーの弾幕コメントでは「藍キッズ」呼びされていた。子弟にしたハズが師弟になっているが…直す気力尽きた。
ふたりはキャラが異なり、声優さんの声質も異なるので、喋ると見わけはつきやすいが、パッと見は似ている。ポイントは髪型

f:id:fuenone2020:20210112211118p:plain

魔道祖師紹介メーカーで藍思追と藍景儀の見分け方を紹介!


藍思追は、優しく温和で思慮深い
藍景儀は、言いにくいこともハッキリ言い、含光君をとても尊敬している。

魔道祖師紹介メーカーはコチラ(公式/外部サイトです)

5.魔道祖師友達診断

毎週、アニメ魔道祖師公式はいろいろなものを公開してくれる。
今週16日は、「魔道祖師友達診断」。早速ポチポチポチポチ。なるほど。
あれこれ試してみる。「温晃」の出方に笑った。

▼魔道祖師友達診断 はコチラ(公式外部サイトです)

6.アニメ「魔道祖師」吹替版キャラクターPVの文字

アニメ「魔道祖師」吹替版放送前に、各キャラクターPVが週に2本公開され、冒頭登場人物に関する漢字が散りばめられている。

これはドラマ陳情令の各登場人物の背景にもあった様式なので、それを踏襲したのかな。

各メディア毎に出されるキャラ紹介文を読みこむのが好きなので、この挑戦も受けてたちましょう!(←別に挑戦されてはいません)


右側から順に並べています。分かりやすい漢字は省略。〇はわからない文字。
かなりぼやけている漢字もあり、合っているかどうかは分かりません。漢字理解はが肝要。

おおよそ登場人物の、肩書き名称持ち物名が半分、あとは性格描写なカンジでしょうか。

第1弾はこの人から!


YouTube(0:15)


第8弾 魏無羨(ウェイ・ウーシエン):木村良平

『鬼道、明敏?、殲滅、陳情、禁忌、○○、陰虎符、自信、自由、雲夢』

“信念、大義、自信、快活、自由、純心。さぁ、この人は誰でしょう?”……としようかと思ったのですが、「快活、自由」と言ったら魏無羨ですよね。

 

 

 

fuenone2020.hatenablog.com

 

▼外部サイト
 ★Amazonで特典が付くのはAmazon限定のこの商品のみです。

前塵編 第二話 運命の再会

前塵編 第二話 運命の再会

  • メディア: Prime Video
 

 Amazon Prime会員:魔道祖師オリジナル版(ノーカット)毎週日曜22:30放送