笛の音と琴の調べ

ドラマ「陳情令」・「魔道祖師Q」・小説/アニメ「魔道祖師」の感想や考察を綴っているブログです。「魔道祖師アニメ」「尚食」「花小厨」「ワンザウーマン」を更新中。⇩カテゴリー選択はスマホでは左にフリックしてください。

風起洛陽29話~32話感想/九連環,稷門

29話感想

閉じ込められた洞窟の中、武思月に話し続ける高秉燭。牛頭煮好きな書生のお話は縁起が悪いのでは……。

武思月が内衛に入った時の武勇な回想は、皆のお芝居だったのかぃ~。武思月、カッコ良かったのに。李北七、強いのね。武思月が内衛に入ったのは興味本位だったとは意外な動機だった。

そして高秉燭の妹・高曇(こうたん)の回想は、小高秉燭(天享)は妹思いなだけに切なすぎる。お母さん「最後の一口でも先に妹に勧めなさい」って……。事情を聞いてあげて。若き丑おじさん!親切だな。

武攸决から李北七へ言い渡された一番の任務は、阿月を守ること。公私混同も甚だしいゾ。

「やりたいこと」に、高秉燭は「阿曇を探すのを手伝ってくれ」「不良井のみんなに神都を歩かせてやるんだ」「思月、あの橋で一緒に灯籠祭を見よう」と言う。高秉燭の「あの夜初めて神都が美しいと思った」にはホロリとしてしまう。

二郎を案じる七娘、家で大人しくしているのが一番安全な気もするが、それでは話も進まないしなぁ。二郎は儒学者に兄の書き付けを見せている。かつて長安に春秋学宮があり、淳禧元年、前太子・愚が戦国時代の稷門の学堂を模し開設、北溟書院と名を変えた。祖父の百里虎も北溟書院で教えていた。稷門とは斉の都の城門の名で、学問を好んだ王が稷門近くに学堂を建て学者を招いた。稷下の学(しょくかのがく)とも言う。

伏山雷霆が爆破、やっぱり二郎の試行錯誤が後押ししちゃったか。

祖父は春秋学宮を追われ、京兆を離れ神都に引越してきた。錬丹を行い煙を充満させていたことがあるようだ。

奩の銅は、伏山雷霆の箱のためだった。行方が気になっていた十郎は、紅綃坊でお金を使い果たしつまみ出されていた。武思月は高秉燭の嫌な夢を見て目覚め、足を負傷している。春秋道の狙いは燃灯大典。


30話感想

聯昉は陛下に中止させたことはなく、聯昉の権威にも関わるようだ。公子楚は聯昉が悪人に奪われることを怖れている。

武攸决と武思月の兄妹思いな場面。掌秋使は宮嫣に二郎を暗殺するよう言い渡す、これは密命よね?

兄・寛仁の墓を自力で掘っている二郎。棺の中は石が詰まっており、兄は指が6本で仕官できずにいた。宮嫣が襲ってくるが、連射弓が援護してくれた。

高秉燭は逍遥子に会いに行く。28人目。高秉燭の「茂る雑草/杂草漫野」に、逍遥子は「明火で焚く/明火焚之」と反応を示す。逍遥子は「春秋道即ち天の道なり、全ての雑草を燃やし正統に戻す。明火があればな」と言い、そしてまた「古に大椿~」と歌いだす。

古有大椿者,西北生,瘴活之,遇河长,向谷水而盛以及天
古に大椿というものあり、西北に生まれ、瘴気を吸い川のそばで長じ、谷に向かいて盛り天に及ぶ

「雑草が育ち芳しき草が辱められる世だが、烈火で塵となせば、万物はあるべき場所に戻る」と。

伏山雷霆を放つ場所については「神都」と答えるが、それ以上は「古に大椿~」を歌いだす。「八千年を春とし、八千年を秋とす、大椿ある所に春秋道あり」。「大椿」の出典 荘子『逍遥遊』については第15話に記した。

陳武(王同)《大秦赋》旄、 《风起霓裳》陈宇、 《遇龙》钟升 が薬を持ってくるが、月華君は高秉燭のことを知り飲まずに走って行く。高秉燭と会い「約束を守ってくれる?」に、高秉燭は「永遠に守るさ」。ED『心念』♪が切なすぎる。

兄の葬儀は父一人で行っていた。武攸决が白羽の矢を立てたのは、まさかな二郎。そして二郎兄と趙王と武攸决は、北門大学士 付律平に学び親しくしていたが、10年前に二郎兄、7年前に趙王が……。

城門の検問で十数人の流民が入城、李北七が許可したようだが、李北七の行方もわからない。

兄は奸臣・頼君澈を奏上しようとして、讒言で陥れられた。
誰もが疑わしい中、癒しの白浪。高秉燭は逍遥子の歌を手がかりに、何かを得たようだ。

予想以上に兄弟姉妹が折り重なる物語。

 

31話感想

ここに来て白浪の先祖の水路図が役に立ったのかな? 白浪にお金を渡し世帯を持つように言う高秉燭。その意図を察して、高秉燭に付いていく白浪は何度も言うが癒し。

内衛の戒めは「天命を受け、神都を守る、忠実で剛毅、果断で怖れず」。月華君はあくまで李北七を信じている。

九連環を教える百里寛仁は、掌春使。掌秋使は二郎を助けたことを責めるが、証拠を出せと言い返す。「過去の成功にこだわるな。忘れたほうがいい結果になることも」と幼い二郎に話している。九連環は中国の知恵の輪。

月華君が李北七の家捜しをしていると、かつてふたりで飲んだ馮家の黄酒が出てくる。床下から「康瞻彼、康金、李済、載舟」の書き付けと雀蜂の毒針が見つかる。見つけたのは李純かな? 黄酒が出てきたのは7話の白浪が探っている時と、17話で晋王が武攸决に勧めた場面か……。あまり縁起の良い酒の使われ方ではないな。

内衛の王君青、王昭陽、隋欣、李純、陳武、許世勤、樊長が呼び出される。今までちょこちょこと出てきているけれど、内衛は李北七だけが突出していて、あとは見分けが殆どついていない内衛さんたち……。内衛を取り調べる様子は、18話での聯昉の調査を思い出すな。隋欣を再び取り調べ、公務を引き継いだのは李北七だが記録は隋欣の印、同夜に流民を入れた記録には李北七の印、宿直を代わり、李北七は武攸决の命で神都を出ると言う。しかし武攸决はそんな命は出していない。

神都郊外・川沿いの密林。追っ手から逃げる薬草採りの娘を助ける高秉燭。

燃灯大典には、陛下は太処宮から出発して行幸し、天堂の正殿で燃灯し祈願する。二郎の任務は伏火雷霆の置き場所を見つけること。


32話感想

李純や陳武、樊長陵たちはを食べている。二郎の下に遣わされ不満そうだが、伏火雷霆の威力を告げられる。

高秉燭たちは助けた薬草採りの娘とお焼きを食べている。娘・青夜(刘恩佳)映画《1921》进步工人、《请叫我总监》演尤琪、《致勇敢的你》金莱莱は春秋道道徒であった。窓際の薬草は白朮(びゃくじゅつ)で日の光を嫌う。青夜を助ける高秉燭。その姿は十六夜を助けた時と同じなのね。襲撃する春秋道から逃げる高秉燭たち。「命は親にもらったもの。例外なく血が通い尊いものだ」と話す。

聯昉より李北七が安遠車行にいる情報を掴む月華君。

十郎はめげずに宇文佩佩に会いに行くが、「人を従わせる地位もないくせに」と追い払われてしまう。ものすごい権力者と繋がりがあるのかな……。そういや宇文といえば~。

谷の下に根城があり、高秉燭は白浪を帰し、青夜に逃げるよう言って籐をつたって降りて行く。

谷の下の割には広々とした根城だな。青夜は掌秋使の部屋に案内する。掌秋使は既に神都に向かったようだ。神都の地図がある。

「貫通す 魏洛の遺棺 星羅 地下に広がる」と書き付けを見つける高秉燭、連山訣で春秋道の計画の基になっているもの。共に帰京しないと燃やすと脅す青夜。

安遠車行から含嘉倉をたどり、そこには李北七が!
(つづく)

この2話は、李北七が味方なのか敵なのか、気になって気になってしょうがない。でも黒かなぁ。二郎兄と武攸决は与しているということなのか? そしてここへ来て、高秉燭の妹候補が増えた! 

 

 

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

 

外部サイト

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ASIAN POPS MAGAZINE 159号
価格:513円(税込、送料無料) (2022/9/1時点)