笛の音と琴の調べ

中国ファンタジー時代劇ドラマ「陳情令」・原作小説「魔道祖師」・アニメ「魔道祖師Q」・漫画「魔道祖師」の感想や考察を綴っています。

梨花白,江澄と温情の櫛/ジェイチョウ「千里之外」陳情令と長恨歌中国詩歌⑪

1.梨花白つれづれ

陳情令第8話に出てきた、宿屋で会った江澄と温情が共に注文する「梨花白」というお酒。

調べてみると「中国の古代のお酒、宋代のお酒」という説明の他に、『千里之外』の歌詞に出てくるとあり、なにか昔の詩かと思いきや、ジェイ・チョウ周杰倫)の『遥か彼方』ではないですか! そして梨花白の元々の由来は、白居易の『長恨歌ともある。

ということで、今回は、梨花に関する、白居易の『長恨歌』と李白『宮中行樂詞』、ジェイ・チョウの『千里之外』と江澄の櫛についてである。櫛に関しては陳情令第28話を観ていない人にはネタバレになります。「梨花白」酒も櫛も、陳情令のみの設定である。

2.長恨歌

白居易の『長恨歌』。
玄宗皇帝楊貴妃を詠んだ有名な詩で、とても長いので抜粋のみ。

白居易長恨歌

玉容寂寞涙闌干 梨花一枝春帯雨
(略)

玉の顔ばせは寂しげで、涙が盛んに流れ落ち
一枝の白い梨の花が、春雨に濡れそぼっているかのよう。
山田勝美氏著

 梨の花の落下は、を意味している。

 

3.「梨花白」の詩

李白『宮中行樂詞』には、「梨花白」が出てくる。
こちらも玄宗皇帝宮中の行楽のさまをうつした作。

李白 五言律詩『宮中行樂詞』

柳色黄金嫩 梨花雪香
玉樓巣翡翠 珠殿鎖鴛鴦
(略)


芽を出したばかりの柳の色、それは黄金の気高さであり、やわらかに若い。
梨の花は白雪のきよさ、香のある白雪である。
玉楼、珠殿、みな硬玉と真珠でかざり立てた楼閣殿舎であり、翡翠はうつくしい羽根をした鳥、鴛鴦はおしどりである。
吉川幸次郎,三好達治氏著

 

4.ジェイ・チョウ『遥か彼方』 

ジェイ・チョウ『千里之外』

聞涙声入林 尋梨花 只得一行青苔
(略)

涙の音を聞き林に入り 梨の白い花を探すけれど あったのは一筋の 青い苔だけ

この部分はラップで歌われている歌詞である。

日本語訳を読みこんでいると、今度はなにやら、魏無羨の魂を探す姿に思えなくもなくなってくる。抜粋なので、興味のある方は検索してみてください。

屋檐如懸崖 風鈴如滄海 我等燕帰来
(略)
我送你離開 天涯之外 你是否還在   
琴声何来 生死難猜 用一生 去等待
(略)
芙蓉水面採 船行影猶在 你却不回来

 

崖のよう。風鈴の音。燕が帰ってくるのを待っている。
(略)
君を見送り、天の果てに、君はまだいるのだろうか。
琴の音はどこから聞こえるのか。生死はわからない。
一生かけても待っている。
(略)
水面の蓮の花を摘んだ、船の通った跡はまだあるが、君は帰ってこない。

 


YouTube(4:32)

 

5.赤い袖とお酒

唐の白居易杭州春望』。
杭州の名産に、「梨花」というお酒があるそうな。

唐 白居易杭州春望』

紅袖織綾誇柿帯
青旗沽酒趁梨花
(略)

赤い袖の服を着た若い娘は、「柿蒂花」という綾織物を自慢して。
青い旗の立つ酒屋では、梨の花が咲く時期に熟成するという「梨花春」という酒が売れている。

 温情も赤い袖ではあるのです。

 

6.江澄の櫛と長恨歌

さて、江澄と温情の櫛の話である。

梨花白」が『長恨歌』をモチーフにしていると考え、この詩について見てみるとする。

ざっくりあらすじを述べると、楊貴妃にいれこんだ玄宗皇帝だったが、安禄山の乱がおき、都落ちをして逃げる最中、周囲の圧力で楊貴妃を泣く泣く死なせてしまう
乱がおさまり長安に戻る玄宗皇帝。楊貴妃への思いは絶ちがたく、魂を呼ぶことができる道士に楊貴妃の魂を尋ねる。
すると楊貴妃は仙女になって海上の仙島におり、彼女はかつて玄宗皇帝から貰った螺鈿の香箱の片方、金のかんざしを二つに折って道士に渡し玄宗とかわした誓いである「比翼の鳥、連理の枝」を伝え、ふたたび会えることを願ったというお話。


そこで思いつくのがかんざしならぬ、なのである。

江澄は温情に好意を持っていたが周囲の状況の中、断念したところが似ていなくもない。そして温情は江澄から貰った櫛を返すが、これが折って、でなく、丸々返した、というのが温情の返事とも思われる。

ちなみに源氏物語「絵合」で、斎宮女御が朱雀院に贈られた櫛をいささか折って返す、というのはここに由来しているという説もある。
源氏物語長恨歌は、「桐壺」との関連が深いが、斎宮ともゆかりがあるのは興味がそそられた。
斎宮女御六条御息所の娘で、梅壺女御・秋好中宮とも呼ばれる。斎宮となる時に朱雀帝(光源氏の兄)から「別れの櫛」を贈られている。斎宮は、自身が帝である時には都には帰ってこれない、帰ってきたら次の帝の妃になってしまう、なかなかの展開である……。


あの返された櫛を、きっと陳情令の江澄は、今も蓮花塢のどこかに置いているのだろう。かつて魏無羨の陳情笛をずっと持っていたように。
陳情令の詩歌に関するエピソードはどこか切ない。


おまけ
梨花白」という白い蓮の花の品種もあるようだ。

 

 

fuenone2020.hatenablog.com

 

▼外部サイト

千里之外/遥か彼方

千里之外/遥か彼方

  • 発売日: 2013/12/18
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
源氏物語〈第2巻〉花散里~少女 (ちくま文庫)

源氏物語〈第2巻〉花散里~少女 (ちくま文庫)

  • 発売日: 2008/12/10
  • メディア: 文庫