笛の音と琴の調べ

ドラマ「陳情令」・「魔道祖師Q」・小説/アニメ「魔道祖師」の感想や考察を綴っているブログです。「君花海棠の紅にあらず」とアニメ「天官賜福」もはじめました。

魔道祖師Q22話,23話,日本語版ラジオ鈴木達央対談,WeTVJapan

WeTV Japan

WeTVが日本進出
それに伴い2021年1月7日WeTVにジオブロックがかかった。嗚呼、陳情令特別版~~~。

WeTVは、当初はタイへ展開された騰訊視頻の国際版である。現時点で詳細は出ていないが、日本から見るWeTVの配信プログラムが日本語化しているので、これは日本上陸ですよね。(注:確定情報ではありません。勝手に言ってます)

去年の12月に魔道祖師QのYouTubeにジオブロックがかかり、日本上陸か!と吹替版放送or円盤の予想をしたが、WeTV Japan上陸だったのか~~~。(←正解は円盤の厳選10話デシタ 21/1/10追記)

今年に入ってWeTVに日本語CMが入るようになり、あれ?と思っていたところであった。ついでに言えば、湖南跨年演唱会のイボ部分の公式YouTubeも見ることができなくなっていた。ここにも資本主義の波が到来……気前の良い大らかさが好きでした。

元旦はじまりのWeTV Japan公式ツイッターを見ていると、台湾ドラマと日台同時放送をする予定らしい。ということは、アニメ「魔道祖師」も第三期は日中同時放送するつもりなのか??……などと甘いことを言っていたが、むしろジオブロックの方向になる気もしてきた。(注:勝手に言ってます)

VIP会員ドラマも現在、5話までは見ることができるものもある。宋威龍の現代ドラマ「美しき蘇りの花/彼岸花」もあるのか……。「鬼吹燈」が面白そうかなぁ。他の騰訊視頻ドラマも投入されるのだろうか。興味のある方は公式ツイッターから見ることができます。お値段据え置きなら良いのですが、日本価格にならないといいなあ。

初めて気づいたが、まったく別物のWEtvというアメリカの動画配信サービスもあるのね。

 
そして魔道祖師Qのゆくえはいかに~?
今回はのんきにWeTVで見ることができていた最後の放送から。騰訊視頻では今も視聴可能。英語字幕ありがたかったです♪  ขอบคุณ ค่ะ 

魔道祖師Q22話

魔道祖師Q22話(第22集:外逃/エスケープ)は、「逃亡」。
【外逃】の直訳は「 (犯罪人が国内の他の地方や国外へ)高飛びする」でして、なんだか「高跳び」みたくなるので英語訳にしました。


雲深不知処の静室。
魏無羨はなんとか雲深不知処から
逃げだそうとしている。

四千の家規を読みこみニヤリ。

雲深不知処を走りまわっていると……。
冷泉で藍湛をのぞき見ても……。
静室の天子笑とお茶を……。

すべて藍湛の「/ 固まれ」の一言で
裏目にでる魏嬰デシタ。

★ ★ ★

これは原作第11章・日本語第4章の
なんとか追いだされようとする
魏嬰を描いていますね。

莫玄羽な魏無羨。
すこし雰囲気がちがって見えて
少年時代の魏無羨と見くらべて
みましたが、同じようです。
服装はちがうのですけれどね。

騰訊視頻2020年12月25日放送

WOWOW字幕版2021年5月30日放送

 

魔道祖師Q23話

魔道祖師Q23話(第23集:鎮邪図/ 邪封絵)は「鎮邪図」。

この鳥はなんだろな?
走屍あらわる、が夷陵老祖に恐れをなし逃げだす。
含光君の威力だと褒めそやす魏無羨。

含光仙君は、姿絵(お札絵)になっても輝きをはなつ。
その横に描かれていたのは……。
ここは清河領域ですかね。

空から落ちる魏無羨
蓮花塢での樹から飛び降りる魏嬰のオマージュか。
カッコイィふたりが並びましたね。

f:id:fuenone2020:20210107144529p:plain

魏無羨のこの"手"に悶える~


魏無羨は相変わらずですが、
藍忘機はため息をつかなくなり
キリッとしつつも魏嬰ひいきになっており
前二期との違いが伝わってきます。
あ、でも照れるのが魏無羨になったのは変化かな?

アニメ魔道祖師羨雲編第3話あたり

騰訊視頻2021年1月1日放送
WOWOW2021年6月6日放送

 

鈴木達央さん×魔道祖師日本語版ラジオドラマ制作チーム 対談前編

この魔道祖師Q紹介では、M声放送の中国声優さんのインタビューをとりあげており、今回は魔道祖師日本語版ラジオドラマ魏無羨役の鈴木達央さんの対談(前編)です。

いつもは中国語なので紹介していますが、日本語は対談を読んでもらう方が早い。

中で印象的だったのが、原作者墨香銅臭さんが魏無羨の声として真っ先にあげたのが鈴木達央さんだったということ。このお声がイメージだったのですね。どのメディアのイメージだったんだろ?

また、鈴木さんが魏無羨をどんな方向から臨んだか、というのが面白かったです。シャオ・ジャンが語る魏無羨像など、演者さんが役のどんなイメージに自分を置いたか、を語っているのは興味深いですね。

鈴木さんが語る「もう全員悶えろ」な林青役も聞きたくなりました。

 

 

 

 

Amazonサイト