笛の音と琴の調べ

ドラマ「陳情令」・「魔道祖師Q」・小説/アニメ「魔道祖師」の感想や考察を綴っているブログです。「君花海棠の紅にあらず」とアニメ「天官賜福」、漢詩で「山河令」もはじめました。

陳情令考察

秦愫たち家族のカルテット⑦いまわの際に大切な人へ/陳情令・魔道祖師

陳情令・魔道祖師の四人を取りあげる、久々のカルテットシリーズ第七弾。勝手に名付けて言ってるだけです。物語をさいごまで知っている人向けです。

陳情笛に吹かれて,陳情令の意味由来/陳情令2周年記念によせて/ブログ開設1周年

陳情令中国放送2周年 6月27日は、陳情令の中国放送開始日であり、今年は2周年となる。当ブログはその前日の6月26日に開設しており1年が経つ。 日本ではこの日に陳情令オーケストラコンサート(9月20日@京都)、陳情令地上波放送1~3話(7月3日3時~テレビ朝…

魏嬰にとっての藍湛

★「藍忘機にとっての魏無羨~枇杷が木から落ちるとき」のアンサーとして「魏嬰にとっての藍湛」★座学時代~夷陵老祖時代~復活後。

江楓眠の魏無羨溺愛説を検証する/紫蜘蛛,江楓眠それぞれの理想②

江楓眠と虞夫人と蔵色散人①のつづきです。 さて、物語の中でたびたび噂になっていた江楓眠・魏無羨を溺愛するの説。

陳情令之乱魄/壁画より聶氏祖先と刀霊の物語を思いめぐる

陳情令番外編映画「乱魄」の冒頭、暗闇に浮かびあがる行路嶺・聶氏祭刀堂の壁画。 初めて観た時から気になっており、陳情令における聶家の祖先の謎に迫れるかと、じっくり見てみることにした。気分は古代遺跡の洞窟をさぐっているかのよう。かつてキトラ古墳…

江楓眠と蔵色散人の噂の真相をさぐる/虞紫鳶の紫電が伝える思い①

陳情令つらい・魔道祖師しんどい 陳情令第16話の蓮花塢の物語はつらい。つらすぎて録画保存はしているが、放映時に一回観ただけである。WeTV特別版もそのあたりは観ていられず飛ばした。

三尊 藍曦臣/沢蕪君の原家族の再現そして喪失(魔道祖師・陳情令)

三尊 三尊とは、大哥・聶明玦/赤鋒尊、二哥・藍曦臣/沢蕪君、三哥・金光瑶/斂芳尊であり、三人が交わした義兄弟の誓いである。 日本語では「さんそん」、中国語でも「sān zūn」と音があまり変わらず、響きも格好良い。 この三尊という関係がなければ、現世編…

金丹・江澄の苦悩と解放~雲夢双傑~意味解説

今回は、金丹と江澄、雲夢双傑について述べてみる。 金丹と魏無羨については、以前に記載したのでコチラもどうぞ。下記にリンクあります。

陳情令・魔道祖師 黒幕~もうひとりの奇才~蔵鋒~扇と紙を手にして

黒幕、とはそもそも歌舞伎で、場面変換の際に舞台を隠すのに用いられる黒色の幕である。 それが舞台裏で黒い幕を操作し進行にかかわることから、背後で影響力を行使する強力な人物をこの進行役になぞらえて呼ぶようになった。 中国語では【幕后mù hòu】【幕…

魔道祖師小説構成/カルテット・ソナタ形式⑥ 陳情令 まとめ・あとがき

今回はまとめとして、カルテットシリーズで取りあげた四組のカルテットの物語が、原作小説「魔道祖師」でどう位置づけられているかを簡単に説明したい。 この「陳情令・魔道祖師」における四組のカルテット解説は、当ブログを立ちあげる動機となった、伝えた…

藍忘機の母・父青蘅君・その恩師カルテット⑤陳情令・魔道祖師64

今回はカルテット⑤として、陳情令・魔道祖師親世代の、藍曦臣と藍忘機の母親、父親・青蘅君とその恩師を取りあげる。 この三人は本来ここに入れる予定はなく、藍忘機の両親記事で書いてみようかと思っていたが、ここで一気にカルテット候補として紹介してお…

魏無羨の笑顔と江厭離の涙/忘羨追と軒離凌陳情令・魔道祖師69解説カルテット④ソナタ形式

今回カルテットシリーズをまとめる中で、藍忘機がどのカルテットにも所属しておらず、やはり藍忘機は魏無羨専用か・・・と思っていた。 そして師姉である江厭離も入っておらず、この二人は特別なのかと考えていたところで

清心音・四重奏解説~ドラマ陳情令・魔道祖師カルテット③三尊

このシリーズは義城組の四人と、「陳情令」「魔道祖師」に登場する四人の関係を読み解いているものである。 陳情令・魔道祖師は忘羨の物語である一方で、謎解きも重要なストーリーだ。それらに関わる重要な人物といえば、三尊である藍曦臣・聶明玦・金光瑶と…

義城編・弦楽四重奏/金丹・四重唱カルテット①②~陳情令・魔道祖師草木解説/義城組と相似

WOWOWで陳情令第36話を初めて観ていた時は、藍湛の酔っ払う場面からのスタートで、久しぶりにゆっくり観れるなぁとのほほんとしていた。 すると怒濤の義城編が始まり、続きが気になり深夜にもかかわらず4話初リアタイしてしまった。一気に駆け抜けたので…

魏無羨と虞夫人 金丹/江厭離・江澄の母の思いと呪縛 陳情令・魔道祖師

魏無羨に「虞夫人ほど気性の荒い婦人は見たことがない」と言わしめた虞夫人。そんな虞夫人が江氏の子供たちである、江澄・江厭離・魏無羨に与えた影響はかなり大きい。 虞(ユー)夫人こと虞紫鳶(三娘)は、強烈な突きぬけた物言いと、その言葉にたがわぬ、…

藍忘機にとっての魏無羨/陳情令魔道祖師87感想/忘羨枇杷が木から落ちるとき

藍忘機と魏無羨についてはあまり書いていない気もするが、私は忘羨推しであり、HDDも残量攻防の末、二人の場面ばかり残されている。けれど陳情令を見終えて、なんだか忘羨に関しては満たされてしまい、陳情令の世界を探索する方へと向かっていた。 藍忘機と…

陳情令/金凌と藍思追の対比③仙子 原作魔道祖師110 考察現世篇

藍思追と金凌が対比の存在であると、前回「藍思追と金凌②」で述べた。 それは魏無羨による人物評によっても明らかである。

陳情令考察/藍思追と金凌②ー忘羨と軒離 ~剣の道を共にして~ 過去篇

陳情令で好きな場面の一つが、第28話の夷陵で、藍忘機が阿苑に足を掴まれ魏無羨と再会する場面。藍湛のほころんだ顔と、三人のほのぼのとした様子に、何度も見返したものだ。

陳情令/藍思追と金凌①ー含光君と江澄~宝塚ミュージカル化したら~現世篇考察

藍思追と金凌は、物語冒頭を引っ張っていく重要な存在である。 第1話、魏無羨が舎身呪で復活した後、初めに出会う仙師は藍思追だ。その藍思追は藍氏を率いており、魏無羨は藍思追の校服を見て藍忘機を思い出す。そして莫家の悪霊を祓う事ができずに藍景儀が…