笛の音と琴の調べ

中国ファンタジー時代劇ドラマ「陳情令」・原作小説「魔道祖師」・「魔道祖師Q」・アニメ「魔道祖師」の感想や考察を綴っているブログです。

陳情令・魔道祖師

魔道祖師日本語版小説感想 第2巻/詩経

アニメ魔道祖師羨編編と魔道祖師Q字幕版が一気に最終回を迎え、なんだか少し気が抜けてしまった。約半年ほど毎週日曜に更新していたので、これも一種のロスなのかな。

魔道祖師日本語版小説感想 第1巻

第1巻が2021年5月27日に発売された。現在3刷目となる大人気のようで拍手~。前回は特典版を紹介したので、今回は第1巻の感想をば。第2巻の感想はコチラ。

魏嬰にとっての藍湛

★「藍忘機にとっての魏無羨~枇杷が木から落ちるとき」のアンサーとして「魏嬰にとっての藍湛」★座学時代~夷陵老祖時代~復活後。

宗族から読みとく解説:助けると復讐/江晩吟が魏無羨に怒りをぶつけたこと

江澄の言動への違和感 陳情令第16話、アニメ魔道祖師第11話、原作小説第59章で、江晩吟が魏無羨の首を絞めあげながら「なぜなんだ?言ってみろ。なぜ奴らを救った? 藍忘機や金子軒が殺されてもー我らに何の関係が? 死なせておけばいいのになぜ出しゃ…

陳情令の脚本と構成②制作/原作小説「魔道祖師」とドラマ「陳情令」の違い

1.はじめに ブログを始めた当初の記事(2020年6月26日)で、私はドラマ「陳情令」の構成について触れている。それは当時WOWOWでの週一の4話更新であまりに辛かった思いを記したものである。

2020年の陳情令・魔道祖師をふりかえって/日本での展開

陳情令・魔道祖師と2020年 2020年は陳情令・魔道祖師が日本上陸した一年。WOWOWで観ていた当初は、その年末に関連記事を書いているとは思ってもいませんでしたが、まだまだブームは続きそうです。 3月のWOWOW放送からの陳情令・魔道祖師の一年を、なんとな~…

藍忘機にとっての魏無羨/陳情令魔道祖師87感想/忘羨枇杷が木から落ちるとき

藍忘機と魏無羨についてはあまり書いていない気もするが、私は忘羨推しであり、HDDも残量攻防の末、二人の場面ばかり残されている。けれど陳情令を見終えて、なんだか忘羨に関しては満たされてしまい、陳情令の世界を探索する方へと向かっていた。 藍忘機と…

舎身呪と献舎は似て非なるもの/魏無羨の死因原作/陳情令・魔道祖師 ~思いこんだら衝撃の道を②~

「魔道祖師」「陳情令」の禁術である、原作の献舎とドラマの舎身呪の意味について、当時の私の思いも交えて、その違いを詳しく整理してみる。 小説「魔道祖師」の献舎 献舎とは、己(術者)の血で描いた陣法と呪文の中で、己の肉体を献げ己の魂魄は大地に帰…

陳情令/ 聶懐桑、お前もか。~思いこんだら衝撃の道を①~

清河聶氏の聶明玦と聶懐桑は兄弟、である。 「陳情令」と「魔道祖師」では、兄弟姉妹が重要な関係性であり、 実の兄弟か 異母兄弟か 師兄弟なのか というのは大事な設定であると考えている。その中で聶氏兄弟は、原作「魔道祖師」第13章で【兄弟二人非是一…

「陳情令」・原作「魔道祖師」の世界観と時代、仙督

陳情令は時代劇(古装劇)ではあるが、ファンタジードラマでもある。ファンタジーというのは、その世界特有のルールがあり、その中で物語が進んでいく。ここでは私なりに感じた陳情令の世界観を書いてみる。もちろん私見である事を断っておく。

陳情令と原作魔道祖師の構成①/動画配信ウェブドラマ弾幕コメント

ドラマを見る際、私の地雷はなんと言っても「ネタバレ」。 なので、既に放映済みの再放送回で見る事が多い中国ドラマは、他の人の感想が気になっても、見るとどこでネタバレに遭遇するやもしれぬので、じっと堪えながら最終回を迎え、物語の世界を満喫するよ…