笛の音と琴の調べ

ドラマ「陳情令」・「魔道祖師Q」・小説/アニメ「魔道祖師」の感想や考察を綴っているブログです。アニメ「天官賜福」「愛なんてただそれだけのこと」「恋心は玉の如き」を更新中。⇩カテゴリー選択はスマホでは左にフリックしてください。

清越坊の女たち15話~19話感想/柳宗元,李唐,蕭照

15話漢詩

任家が姦通した男女を沈める時に使う淵って、そんなによくある事なの?

沈翠喜は魏良弓に「ならば夢を見ましょう。あなたと生涯で一度の夢を見たい」と、生涯で一場の夢……。

丁栄は魚売りの魚を手にするも、するりと逃げるお魚さん。

魏良弓の生母聞雨)は『尚食』の方含英じゃないの。魏良弓の生後まもなく夫がなくなり、正妻から閉じ込められた……と。

曽宝琴が言う「閉じ込められた女は、生きるため男の寵愛を得るために争いを繰り広げる。女が悪らくなのかしら、この世が女に意地悪なのかしら」はその通りよね……。
ふたりは幼い頃の親友でもあったのね。お互いが同じような台詞を言い合うこの場面、良いな。


任秀山が『弟子規』を読みあげていると、魏良弓が帰ってきた。

《弟子规》
总叙
弟子规,圣人训。首孝悌,次谨信
泛爱众,而亲仁。有余力,则学文
入则孝
父母呼,应勿缓,父母命,行勿懒
父母教,须敬听,父母责,须顺承。


魏良弓が挙げる名画の数々。
千里江山図』は勢いを感じる構図と緻密な筆遣いで、北宋山水画の典型。徽宗(きそう)の宣和(せんな)の時代、書画を愛する皇帝の尽力で宋画の技法がより趣深く進化した。作者は王希孟。

李唐の『採薇図』は、李唐が画院の試験を受けた時、徽宗のお題は竹林に囲まれた酒家。李唐だけが竹林を細やかに描き込み、酒家は幟1つで表し密林を強調した。徽宗が金の捕虜となり、李唐は流浪となり杭州へ逃げ、晩年描かれたもの。

山腰楼観図』は弟子の蕭照の作品で、山を脇に配し、近景が濃く遠景が薄く、濃淡があり深みを感じる。薄い部分と周囲の山々が一体となり、この山の険しさが際立つ。

寒江独釣図』は、魏良弓らしいと。広々とした水面で果てしない。美術談義、楽しいな。この時の沈翠喜の雲肩が男女の童な絵柄でカワイイ。沈翠喜が魏良弓の身体を手で採寸しているのがなまめかしいね。

新年を迎えると年を取るんだっけ。沈翠喜が生まれた日に、窓辺に鵲が止まったからこの名になった。「翠の木に幸せの兆し六五の吉は喜び有るなり」。

柳宗元(唐代)《永州八记之四》
至小丘西小石潭记
从小丘西行百二十步,隔篁竹,闻水声,如鸣珮环,心乐之。伐竹取道,下见小潭,水尤清冽。全石以为底,近岸,卷石底以出,为坻,为屿,为嵁,为岩。青树翠蔓,蒙络摇缀,参差披拂。

 

周易·賁卦第二十二》
《象》曰:六五之吉,有喜也


講談という名の、中国時代劇の文春砲……。

 

16話感想

離れの扉で、魏良弓が外側に立ち、沈翠喜が屋敷の内側に立っているのが象徴的だ。

李照が蘇州で流行らせている講談は「繍荷包」。曽宝琴の茶芸が美しいな。沈翠喜は「他人の命も命、大切にすればあなたの命も大切にされる」と魏良弓に語る。

魏良弓は李照とは「道同じからざれば相為に謀らず」と。

論語 衛霊公』
道不同,不相为谋。

魏良弓が任秀山に教えている。「忍ばざるの心は人の根芽であり、悪をなさぬ気概は天地を支える柱石である。よって君子は虫や蟻も傷つけず一切の貪婪を許さない。さすれば万物に命を立てられ天地に恥じない」。

菜根譚
修省
一点不忍的念头,是生民生物之根芽;一段不为的气节,是撑天撑地之柱石。故君子于一虫一蚁不忍伤残,一缕一丝勿容贪冒,变可为万物立命,天地立心矣。


「光前裕後」の扁額、叔父たちが魏先生と話している。五叔父は「君子は未然を防ぎ、嫌疑の間におらず。瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず」。あ、魏良弓、誓っちゃった。

曹植《君子行》
君子防未然,不处嫌疑间;瓜田不纳履,李下不正冠.

そしてが巧児が亡くなり……唐突だけれど、まぁそうかなって思っていたよ。回想場面まで流れてるよ。

 

17話感想

沈翠喜と林舒芳が抱き合い、お互いを思い合っているのが良いな。

李照が生糸の値を上げているのは、治水をしている高家に取り入るため。高氏は『瓔珞』にも出た高貴妃の父の高斌? 江南への行幸がある度に、行宮が立てられ在任している官吏には多額の出費……。

もしや、丁栄は任家サイドに付いてるのかな。

 

18話感想

曹文彬は両江総督を後ろ楯にしているので、江寧の総督を訪ねて釘を刺すよう頼むように勧める劉氏。

魏良弓は沈翠喜が立ち向かう姿が好きと伝える。良弓は嫡母のような裏表の激しい淑女にはコリゴリのよう。

沈翠喜の父は漁師。少女・沈翠喜と少女・曽宝琴が手に手を取って任家の敷居をまたいでいたのが、任家が婚礼の最中という事もあり、ふたりの結婚式のようね。少女 沈翠喜裴佳欣『玉楼春』少女 林少春。


魏良弓がいきなり歌いだす。
ずっとあなたを探していた。花のように美しいあなたに。なれど月日は水のごとく移ろいゆく」、水面のふたりが映し出されるのが反転した世界のよう。

汤显祖(明代)《牡丹亭·惊梦》
则为你如花美眷,似水流年,是答儿闲寻遍。在幽梦自怜。

種子を全て買い上げる沈翠喜。

沈翠喜が機織るのを魏良弓が傍で見ている場面で流れるのは主題歌『故人江南』。川辺でふたり魚を焼いている。


魏良弓は「春が来た」と。沈翠喜は『鴛鴦戯水』を織っている。一緒に舟に乗ろう」は……と思っていたら、「この世は美しい物にあふれてる。一緒に見に行こう」と言って魏良弓は……。鴛鴦の目を縫っていた刺繍糸が切れ、そこに涙が落ちる演出がよいな。

魏良弓が唱って消える。
なんと恨めしいことか。2人を切り裂いたこの風景/恨煞那野」。

《玉簪记 秋江》
陳妙常(小桃紅)
恨煞那野水平川,生隔断银河水,断送我春老啼鹃

 

魏良弓が曽宝琴に向けて「人の命は弊履のようにはかないもの/大道本无生,视身若敝屣」。

夏完淳(明代)《狱中上母书》
语无伦次,将死言善。痛哉痛哉!人生孰无死?贵得死所耳!父得为忠臣,子得为孝子。含笑归太虚,了我分内事。大道本无生,视身若敝屣。但为气所激,缘悟天人理。恶梦十七年,报仇于来世。神游天地间,可以无愧矣!


曹幺娘(そうようじょう/張訳兮)登場! 察察児@君花海棠の紅にあらずだ。江南の令嬢の習わしで地面を踏んだことは一度たりともなく、嫁入りには寝台を婚家に運び入れる。清代では纏足は禁じたハズなのに、まだあるのね。

フラグは立っていたが、予想を遥かに超えて早かった。早すぎて沈翠喜と魏良弓の思いを深める場面もなんだか感情移入できずに終わり……。そして崑曲を唱う人がいなくなってしまったよ~。

 

19話漢文

あの鴛鴦の刺繍は結局、冥銭と共に焼かれ……。沈緑喜は曽宝琴に「すばらしい夢だったが、いい夢は長くは続かない」と。

林大虎は林舒芳の兄か。結局200両で妹を売るというロクデナシ。

安慶王知府の前で体面が保てると曹夫人は言う。曹知府は「孟子の言葉に従った「役人の心得とは、職人には家族を養える収入を約束してやること」。曹知府の言葉に応じて、周りが上を下をと向くのがコミカル。

孟子·梁惠王章句上·第八节》
明君制民之产,必是仰足以事父母,俯足以畜妻子


魏先生ほど学がないと言う任如風に「叔父上は叔父上、魏先生は魏先生だよ」と言う秀山、賢いな。

曽宝琴が『姑蘇筆談』を読み、「姑蘇は古より栄え、風雅を好む呉人は伝統から学ぶ」と。曽宝琴は沈翠喜に「心のままに生きる」と助言していた割には、目立つなと忠告しているね。
(つづく)

 

fuenone2020.hatenablog.com

 

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

 

外部サイト

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2023年卓上カレンダー 千里江山図 中国の暦 山水画名作
価格:2,002円(税込、送料無料) (2023/11/5時点)