笛の音と琴の調べ

ドラマ「陳情令」・「魔道祖師Q」・小説/アニメ「魔道祖師」の感想や考察を綴っているブログです。アニメ「天官賜福」「愛なんてただそれだけのこと」「恋心は玉の如き」を更新中。⇩カテゴリー選択はスマホでは左にフリックしてください。

清越坊の女たち~当家主母1話~7話/崑曲《牡丹亭》孟郊《遊子吟》趙昌《杏花図》李商隠《錦瑟》

中国ドラマ『清越坊の女たち~当家主母~』がBS11にて2023年10月9日より毎月~金1話放送で始まった。全35話

于正作品ならではの崑曲が出て来たのでメモメモ。やはり于正は『牡丹亭』が好きなんだなぁ。商細蕊@君花海棠が出て来てほしい位だわ。ドラマは清代の乾隆帝の時代なので、いるハズもないんだけど……。

1話の崑曲

仁雪堂(徐海喬)がうっとりと曽宝琴(楊蓉)『三体』慕星、『玉楼春』孙有贞 の崑曲を聴いていると、沈翠喜(蔣勤勤)映画『西湖畔に生きる』苔花、『海上牧雲記』南枯皇后 が乗り込む場面。徐海喬、どこかで見たようなと思っていたら『夢華録』の欧陽旭さん……。

「夢から醒め鴬はさえずる。春の陽光が辺りを照らす。美しきかな。小さな庭の奥深く立つ人あり、灯が尽き煙がくゆれば、織り糸を投げ出す、今春に抱く想いは昨春と同じく変わらない」

《牡丹亭 惊梦》第十出
梦回莺啭,乱煞年光遍。人立小庭深院。炷尽沉烟,抛残绣线,恁今春关情似去年
晓来望断梅关,宿妆残.你侧着宜春髻子恰凭栏.剪不断,理还乱,闷无端.已吩咐催花莺燕借春看.云髻罢梳还对镜,罗衣欲换更添香.

 

2話の崑曲

木蓮を見て、久しぶりに仁雪堂が曽宝琴に会いに行くと、曽宝琴が唱う。

「昨夜の夢で書生に出会った、あのお方は私に柳の枝を贈っては、詩を詠めと言う。歓会を強いられた時のことは話せば長くなる。あのお方はいずこの家のお方かしら。見目麗しい青年だった。遠くより近寄り来ては誘い出そうと試みる。深閨にいるこの私を」

《牡丹亭 寻梦》第十二出
杜丽娘(白)昨日梦里,那书生将柳枝来赠我,要我题咏,强我欢会之时。好不话长也。(嘉庆子)是谁家少俊来近远,敢迤逗这香闺去沁园,

3話メモ

曽宝琴が語る、清代の妾についてが興味深かった。

深紅の衣装、牡丹の髪飾りを付けられない。
正門から輿入れできない。
婚礼で夫と拝礼できず、夫と正妻に跪く。
毎朝正妻に挨拶。
正妻の許しなく両親に会えない。
食事は夫妻が座る傍らで正妻のお世話。
共寝は多くても5日に1度。

大変だゎ……。

沈翠喜が妾の館に、扉を付けてあげていたのにちょっと安堵する。

4話

長老という名の三叔父五叔父七叔父たちが早速やって来た時の部屋の扁額は「光前裕后」。

なんとなく『明蘭』の叔父たちを思い出してしまうけれど、秀山を抱きたそうな叔父上には和んだ。

5話の漢詩

李照が赤子の服を見ながら言う「慈母の手には針、子の衣を縫う」。『孤城閉』でも出てきていた漢詩

孟郊《游子吟》
慈母手中线,游子身上衣
临行密密缝,意恐迟迟归。
谁言寸草心,报得三春晖。

お役人の曹文彬、「喜上眉梢」を気に入り持ち帰る……というより、情報と引き換えに好き放題なような。侍女の巧児は「万年如意図」が完成したと言うが、やり直しさせられている。

沈翠喜は「富貴錦鶏図」に取りかかる。

曽宝琴は趙昌の「杏花図」を織る予定。花は雪のように白く凛とした趣がある。趙昌は北宋の著名な画家で、「杏花図」は台北故宮博物館所蔵。曽宝琴も織ることができたのか。

七叔父は任如風李逸男《泡沫之夏》西蒙、《河神》黄玉に「家和して万事成る/家和万事成」と忠告。

6話漢詩

沈翠喜と曽宝琴が対決している場面での扁額『言物行恒』。

周易 家人 象》
风自火出,家人,君子以

出典は『易経』で、易经64卦の第37卦 風火家人
解釈を当てはめると色々と面白く、中で「女性が中心となって家を守る。上が長女、下が中女で、ふたりは仲が良く本分を守り互いを補い合う」とあったのが興味深かった。


楓泊坊は「新韶如意図」。こちらは『缂丝新韶如意图轴』で故宮博物院所蔵とあり、乾隆帝時代の刺繍作品。献上されたのね。
沈翠喜の「富貴錦鶏図」は、故宮博物院所蔵の『刺绣牡丹锦鸡图轴』と似ている。
缂丝新韶如意图轴 - 故宮博物院 
刺绣牡丹锦鸡图轴 - 故宮博物院
(中国・故宮博物院への外部リンク)

杏は幸せを呼ぶ意味があるらしい。

戧色法は任家の先代は息子である任雪堂にのみ教えており、それが曽宝琴に伝わった。任家に一途に仕えている沈翠喜には切ない話……。


離れでは沈翠喜が「荘生の暁夢は胡蝶に迷い、望帝の春心は杜鵑に託す」と詠じながら、古そうな蝶の図柄を愛でている。

李商隐(唐代)《锦瑟》
锦瑟无端五十弦,一弦一柱思华年。
庄生晓梦迷蝴蝶,望帝春心托杜鹃
沧海月明珠有泪,蓝田日暖玉生烟。
此情可待成追忆,只是当时已惘然。

錦の瑟、なぜかそれは五十絃。絃、琴柱、そのひとつひとつから、あの麗しい日々が蘇る。
荘子は朝の夢で蝴蝶と化した自分にとまどい、望帝は杜鵑に身を変えて春情を吐き続けた
蒼海に月の光が明るく降りそそぎ、真珠は人魚の涙を帯びる。藍田を日の光が暖かく照らし、玉から煙が立ち上る。
この思い、いつか振り返ることができるだろうか。その時、すでに定かでなかったこの思いを。
川合康三「中国名詩選 下」2015 岩波書店

7話刺繍図

任如風と林舒芳張慧雯)が生糸の相場について話している場面の扁額は「黨堅勢威」。団結して勢力を強めるの意味。林舒芳は『琅琊榜弐』の林奚だ。

李照の回想で、若い曽宝琴が白木蓮の中、微笑んでいたから、横恋慕な思いもあるのか。

任如風を救うために蘇州知府である曹文彬に贈ったのは、家宝である明代の「粉紅地双獅球路紋錦」。数百年前の宋錦で織りが精巧で色鮮やか、獅子も生き生きとしてかわいらしい。物事がうまくいくようにと願いをこめた縁起のいい紋様。

曹文彬の部屋の扁額は「惇信明義」だけど、少し物陰になっているのは、そうじゃない、という意味なのかしら。


任如風が沈翠喜に誓いを立て令牌を返した部屋の扁額は「凝祥聚瑞」。南宋馬遠の「十二水図」を捜すようにと頼まれる。異色双面緙の技法を求める戦いになるのかな。

令家の男性陣は商才がないのか、叔父や任如風も実権を取りにこないのね。
丁栄(汪汐潮)がしれっと蘇州の領織になり、どうなっていくのやら。しかも丁栄は『君花海棠の紅にあらず』のイケズな姜登宝じゃないの。
(つづく)

最初は正妻と愛人がドロドロとやり合うのかと見るのも迷ったが、崑曲が割と長めに流れたのでそれを目当てに視聴継続。

ふらふらしていた夫が行方知れずとなり、正室である沈翠喜が離れに扉を付けようと提案したあたりで、なんだか筋の通ったヒロインなのかしらと頼もしくなり、ちゃんと見始めた。

ドロドロした場面は回想でなされ、商売ドラマが中心となっているので、比較的スッキリと見ることができているような。主人公である正妻な沈翠喜を応援しているけれど、曽宝琴側に立てば幼なじみとの愛を貫くも子を奪われており、気の毒な立場ではある。

実在する国宝級な刺繍絵が紹介されるのが大変好み。『瓔珞』でも藤豆と蜻蛉の刺繍が登場していたし、ドラマに出てきた文物を見てみたいなぁ。

 

 

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

 

fuenone2020.hatenablog.com

 

 

外部サイト

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新編 中国名詩選 下 (岩波文庫 赤33-4) [ 川合 康三 ]
価格:1,430円(税込、送料無料) (2023/10/17時点)