笛の音と琴の調べ

ドラマ「陳情令」・「魔道祖師Q」・小説/アニメ「魔道祖師」の感想や考察を綴っているブログです。「君花海棠の紅にあらず」とアニメ「天官賜福」もはじめました。

アニメ魔道祖師羨雲編第8話「更なる謎」感想

前塵編の時は寒かったテレビ前も、羨雲編最終回にはすっかり枇杷も実る暑い夏日である。第3期にはどんな季節になっていることだろうか。

羨雲編第8話「更なる謎/真相」

鬼腕こわい。久しぶりに再会した聶懐桑は相変わらずの可愛さ。しらを切る聶懐桑に、藍忘機は懐桑の扇を渡し、落とし物を見つけるのが得意である。
魏無羨の謎解きが始まる。人食い石堂の噂・迷陣・結界は、石堂の秘密を守るための防衛線と。

走る怪しい人影。聶懐桑が祭刀堂のいわくを語る中、回想場面の兄・聶明玦の気の暴走により切りつけられた様子の懐桑。

祭刀堂のいわくは、

  • 刀霊を鎮めるために、骸が集められた。
  • 刀は殺気が極めて強く、聶氏歴代の宗主は気が暴走して変死する。
  • 刀霊の主は一人、主が健在ならば御せるが、主が死ぬと妖邪を成敗できず悪さをする。
  • よって、怨霊や屍を刀霊と共に埋葬し、戦わせることで均衡を図った。六代宗主が考案した。

10年前懐桑が聶宗主となったばかりの頃、盗賊が祭刀堂へ忍びこみ消えていた。

現世。10年前と同様に、聶氏の子弟が倒れ骸も溶かされており、怪しい黒衣の一味が現れる。そこへ沢蕪君と斂芳尊も駆けつける。藍忘機の戦う相手が姑蘇藍氏の剣法に通じており、千瘡百孔の傷跡も見えた。悪詛痕も反応。冥室から逃げた鬼腕も封じる。

真相を探る場所に居合わせる5人。骸を探すと両脚が見つかる。左腕と両脚が揃った! 藍曦臣が悪詛痕を祓う手伝いをしてくれる。莫玄羽(魏嬰)に話しかける金光瑶。

14年経ち千瘡百孔の術者が現われた事に言及している。
かつて金光善は夷陵老祖を殺そうとしたが、江氏は反対、藍宗主と聶宗主は千瘡百孔の真相を探るべきと言っていた。そこへ金光善は温寧を使い、夷陵老祖と藍氏・聶氏を敵対させた。
そして月明かりのもと、藍忘機は片膝をつき「魏嬰、お前は悪くない、力を尽くしていた」という言葉をくれている。

鬼腕が指し示したのは西。
夷陵老祖の最期について、藍忘機が「世間では邪気にのみ込まれて死んだ」と尋ねるが、魏嬰は「死は死だ。どんな死に方だろうと同じ」と話す。

なぜかでんでん太鼓が好きと言う魏嬰。(過去)雪の降る中、藁人形を家族3人に見立てる幼い魏嬰。でんでん太鼓を持つ姑蘇藍氏の子どもに無邪気に笑いかけ、子どもからでんでん太鼓を渡される。ED。

現世。献舎と魏無羨の名を口にする金光瑶。

霜華剣の痕が残る義城の門前。そして現わる不敵な笑みを浮かべる眼帯をした道士!
(羨雲編・完)

 ここで終わりですか~~~! あまり子供時代に会っていた、という話は好みではない(原作にはない)が、第二期の終わりならば余韻としてはアリかとも思う。しかも家族3人をあらわす藁人形……泣ける。 そして、あの笑みで終わるとは!! 

祭刀堂のあたりは、原作小説1巻で詳しく説明されている。祭刀堂のまわりで聶氏子弟が倒れていたり、この場面に金光瑶が現れているのはアニメオリジナル。吹替版だと金光瑶が仙督然としているなぁ。

アニメの放送回数と時間の短さから考えると、よくまとめたという印象。原作の回想をとりいれる手法が、原作小説のイメージを生かしている。

アニメ現世編の藍忘機は揺るがない様子に描かれている。ドラマだと現世編の藍忘機は、共に揺れながら魏無羨に寄り添っているイメージ。

WOWOW字幕版エンドカードでんでん太鼓を手渡す

WOWOW字幕版:2020年11月25日深夜
WOWOW吹替版:2021年6月13日放送

羨雲編第8話の魔道祖師紹介メーカー

f:id:fuenone2020:20210612000456p:plain

義兄弟

今回は三尊で義兄弟の呼び方。年下の者から目上に対しては「数字+哥(兄の意味)」で呼んでいる。聶明玦と聶懐桑は兄弟なので、懐桑もこの呼び方にならう。

中国語では実でも義理でも「哥」だが、日本語だと「数字+の兄君」(字幕版:数字+義兄上)となる。目上からは「字(あざな)」で呼ぶことが多いが、藍曦臣から金光瑶のみ「阿瑶」である。

▼公式アニメ魔道祖師紹介メーカー
外部リンクです。

魔道祖師キャラクターPV聶懐桑(花江夏樹


www.youtube.com

第5弾は聶懐桑(ニエ・ホワイサン)。
諍いを嫌い、花月を愛する風流人
【協調、柔和、胆怯、本心、保身、魂胆、心理、和平、連鎖、兄弟?、風雅、清河、目的?、友】

 

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

★↓ 物語を最後まで知っている人向け

fuenone2020.hatenablog.com

★↓ 物語を最後まで知っている人向け

fuenone2020.hatenablog.com

 

外部サイト