笛の音と琴の調べ

ドラマ「陳情令」・「魔道祖師Q」・小説/アニメ「魔道祖師」の感想や考察を綴っているブログです。アニメ「天官賜福」「愛なんてただそれだけのこと」「恋心は玉の如き」を更新中。⇩カテゴリー選択はスマホでは左にフリックしてください。

アニメ天官賜福貳 2期11話感想

中国アニメ『烈火澆愁』がBS11にて2024年1月8日より毎週月曜深夜に放送開始となり、同じ枠で『魔道祖師Q』吹替版が第11話より放送されているのです!『烈火澆愁』は全12話なので、魔道祖師Qは第22話まで放送予定なのかな。残り8話はどこで放映されるんだろう~と今から案じてみる。

11話 月下の惜別/月下惜別

(回想)老人が鼻歌を歌っている。城外へ銀の蝶が舞い、棺の中の国師の胸には釘が打ち込まれている。陛下となった郎千秋は国師の面は外さずに棺を閉める。国師は「誰だ、誰がそこに」と手を伸ばすが……。

OP。

現在。太子殿下は我を取り戻し、三郎に謝る。「あなたは悪くない」「両族の争いを防いだ」「3人の命で太平を得る」と言う三郎。殿下は「迷わず正しい行いをすればいい結果になる」と千秋に信じさせたかった。仙楽遺民に寛容な国主という良い兆しがあった時に起こった悲劇……。「私は大失敗だ」と言い、殿下は自らの手で太子像を破壊する。

ふたりは捕らえられていた人たちを解放。殿下は戚容の関与をどう知り得たかを三郎に尋ねる。三郎は戚容の手口で見抜くも、芳心国師は戚容の回し者だと思っていたようだ。仙楽と永安は同じ源流であり、戚容が扇動できたのは仙楽皇室の末裔 安楽王だった。殿下に糸口もないのに当てるとはと言われ「ただよく分かっているだけ」「あなたではないと信じただけ」と返す三郎。このキラーンとした音はなんだ。「自らを貶めただけ」とも。

殿下は「美化しすぎてはいけない」「完璧な幻影は崩れ去る」と言うも、三郎は「他人が失望しようと、ある者にとってはその人の存在自体が希望なんだ」と。心臓の鼓動が響く。

「なんとなく感じるんだ、君とは過去に会っていると」「三郎、君は一体何者?」と問いかける太子殿下。


そこへ女相の風師が現れ、風信が弓矢を構える様子に、三郎は太子殿下を引っ張って近寄せる。風師は一芝居を打ち、会話を通霊陣へ流し話はつける。いまだ弓矢を構えたままである南陽将軍に、何かを押しつけたらしい風師娘娘。風信は女性がコワイ……。男相に変わる風師。

風信も戚容のことを知っているのね。
風師は「太子殿下がすごい。東南武神(風信)、西南武神(慕情)は古い知り合いで、東方武神(郎千秋)は弟子で、青灯夜遊(戚容)は実の従弟、鬼市の親分血雨探花(三郎)は結盟の兄弟、風師は友人だ」と言う。

そんな風師に、殿下は「清風一過し、蔭霾(いんばい)も吹き飛ぶ/清风过境,阴霾就都被吹散了」と笑顔になる。

花城と風信の間に火花が散る。手下の鬼達の片付けを、風信が「自分は一瞬でやれるのか」と言うと、シャラランと飾りが鳴り三郎は傘をさす。察した様子の風師が後ずさりをすると、血の雨が降ってきて、風信がずぶ濡れ~。

千秋の件で礼を言う殿下に、三郎は「俺と鬼市に戻るなら歓迎するよ」「思うままに進んで」と手を振って去る。
(つづく)

一段とEDが沁みるなぁ。
風師の存在に救われる。
三郎の語り口がいちいちカッコイィのだ。

2期11話と原作小説について

小説『天官賜福』第2巻第二十三章~二十四章

冒頭の棺の詳しい描写は小説にはないが、他は小説と同じ台詞で丁寧に描かれている。風信の弓は君吾から贈られた風神弓で、非常に厄介な法宝。また風信が戚容を以前から嫌っていたことも描かれている。

原作では、風師が評した殿下と血雨探花の関係(結盟の兄弟)については、花城も風信も同意しかねていたようだ。また血の雨が降ったのは、花城は一瞬で子鬼の群れの片付けを終わらせたのであった。

そして来週は2期最終回? いったいどこで終わるの?

 

WOWOW字幕版放送:2024年1月10日24時30分

 

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.co

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

 

外部サイト

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天官賜福 3 (ダリアシリーズユニ) [ 墨香銅臭 ]
価格:2,255円(税込、送料無料) (2024/1/10時点)