笛の音と琴の調べ

ドラマ「陳情令」・「魔道祖師Q」・小説/アニメ「魔道祖師」の感想や考察を綴っているブログです。アニメ「天官賜福」「愛なんてただそれだけのこと」「恋心は玉の如き」を更新中。⇩カテゴリー選択はスマホでは左にフリックしてください。

狼殿下42話,43話,44話,45話感想

42話感想

すっかり贖罪モードな渤王。超人なのでボコられても痛さはあるだろうが致命傷にはならず満身創痍……。

趙六爺は趙六野だった。趙六野が請け負ったのは、戦狼に兄が殺されたという噂を流すこと。馬摘星は趙六野の父が趙九で、六野の兄が死んだのも知っているのは情報通ね。

囚人の中の渤王は最初は分からなかったが、分かるとなんだか光ってるわ。胸に焼き印が押されちゃった~。

馬摘星は「渤王は変わったようね」と言い、渤王も「すべてを失ってからが真の贖罪の始まり、1歩ずつあの日の狼仔に戻っていくしかない」と狼の牙ネックレスが心の拠り所。

六野の親戚と称して潜入するけれど、古騰に美人な馬摘星を見られたら、別の意味で厄介な展開になりそうだよね。

渤王受難の回……と思ったら、馬摘星と再会していた!冷酷な渤王モードな渤王がいまや懐かしい域に達している第42話。奴隷や楚有禎や第一皇子の名を出して説得する馬摘星はなかなか的確な所を突いている。そしてトドメの「大切な人がいるはずよ」。はいはい、それは貴女ですよ~。

「渤王、あなたは怪物じゃない、人なのよ」と、最初の頃の「怪物!」を回収してくれた馬摘星。子供の頃流した噂を悔いており、趙六野の噂を流したことを注意しているが、六野が嘘をつかれたと思っている相手から言われても……。むしろ趙九を助けられる方法がある、とか言わないのかしら。摘星は「本物の怪物は楚馗よ」と。

43話感想

脱出劇で爽快だった回。趙六野が小気味良いし、パパの趙九は渤王を誰よりも理解していて代弁してくれるし。

允王妃が良い人すぎて動きがイマイチ不可解なんだが、渤王に恩でもあるのかな。そして允王も王妃には甘々で、金光瑶@陳情令にとっての秦愫みたいな存在なのかしらん。

狼煙はなんとなく信号弾みたいな打ち上げ系をイメージしていたので、あの青い炎では気付いてもらえるか不安なのは無理もない……。追日がイイ働きするよね!

そして張遠、味方だって信じていたよ。尺もないしね。味方か裏切りか分からないこういう演出好きよ。

白馬に乗った皇子サマ疾冲が来た~~。囚われの狼殿下を救出しに。今のところ、狼殿下呼びしているのは疾冲だけなもんで。

六野の親代わりに指名された渤王。これで生き抜かねばならぬ使命ができた……と。面倒を見るように迫る六野がカワイイ。

岩を落とした弓矢は、初め子神?と思い、遥姫かしら?と思ったら、馬摘星だった!腕をあげたね~。

渤王は薄青系の衣装となり、摘星は婚礼後はずっと黒色。渤王が六野に語っていた少女の話を摘星も耳にするワケなんだが、外にいる事は分かっているんかなぁ。「もはや友とも称せぬが、幸せであれと願っている」って泣ける…。

渤王が疾冲に「(今の摘星は幸せそうだ)お前がいればそれでよい」の場面、カッコ部分がなければ疾冲に語りかけているようで、ブロマンス感を勝手に感じていた。しんどい場面から逃避したい思いもプラスされている。

44話感想

馬摘星は「失ったものは戻らない」「誰もが恐れを感じながら強くなっていくのよ」と六野に語る。

渤王と溍王がまみえた~。引き分けに持込み、第四皇子に和睦を結ばせたい渤王、「家族が大切なのは王でも民でも同じこと」と父親みのある溍王。渤王は陣前都柏に任命される。溍王に拾われていればなぁ……。

渤王が頭領になっている!投狼壺を自ら言い出し皆とワイワイしているよ~そしてやっぱり下手だった。

一方洛州城と溯暘を攻め落とすことに頭がいっぱいな摘星に、疾冲は「何か足りない」と言うけれど全く通じておらず、馬婧も墨をすりながらヤキモキ。

楚馗に進言する遥姫の冠がすごいコトになっている~鳥が羽を広げてるイメージなのかな。殉死を申しつけられた張錦、え?張錦と同じ顔ってどういうこと? 張錦は允王と結託するのね。

疾冲の悩み事も聞いてあげる渤王~「甘露水は大切な者にしか供されない」と疾冲に教えてあげて、もはや魏王よりもお兄ちゃん……。悟りの境地に入ってるね。

六野が罠で傷つき、紫漿草を持って駆けつける渤王と馬摘星の息の合った様子と、疾冲の疎外感……。挿入歌『天狼星』♪  疾冲も役に立ちたいのだろうから、六野に話しかけて気を紛らわしてあげて、とか言えばイイのだろうが、そんな余裕もないだろうしな。

相変わらず煬と溍は近いのね。遥姫が難なくやって来た。渤王を助けるのは「お前は1人じゃない、私がいる」と言ってくれたから。こんなの言われたら惚れてまうやろ。「この世で唯一の……家族だと」と笑う遥姫がカワイイのだ、そして切ない……。抱きしめ合うふたりに、先に身を引くのは遥姫なのがいじらしい。大丈夫かなぁ。

楚馗の肩をトコトコする允王妃とは楽しそう。允王は木彫りの鷹を彫り「翼を広げて飛びたいのか」と言われている。それは遥姫の冠の事なのでは……。

渤王と疾冲渤王と遥姫との関係が良くて、もっと見たくなるね。

45話感想

濃ピンク系な衣装の宝娜ちゃんだ~和むなぁ。允王と天幕を出て行く允王妃が振り返ったのはなんなんだろ。張錦があわてて丸薬を飲んでいたのは、毒味したから解毒剤という事か。

毒をもられてついに失明した楚馗。おぉ、渤王と再会している。渤王は「大義兄上との約束を胸に刻んでいる」がゆえに、第四皇子に譲るよう進言。「そなたは朕の子として育ちながら、なぜ邪悪な心を学ばなかっただろう」と言う楚馗。それは渤王を育てたのは、狼と第一皇子だったからじゃないかなぁ。

夜煞隊~~~、渤王、早く早く。莫霄から助けられるのはやはし渤王のトリアージなのかしら……。
そしてここでまさかの文衍が……。黒血は毒が回った証拠。経脈が断たれたことがこんな所で……。

えええええ~。
夜煞隊が危うい状況なのは感じていたけれど、渤王と目で会話しながら勇ましく戦って散るのかと思っていたのよ~~。こんな縛られてひっそりと二人にも告げずにだなんて……文衍さぁん(泣)。かつて馬瑛に手を下していたのは、やはし文衍だったという事かナ。経脈が断たれた経緯は渤王も絡んでいるから、渤王もツラい……。「もうすぐ会いに行くぞ」と言われても、文衍も嬉しくないよ……。

馬摘星と疾冲が分かれて行動って、大体摘星が敵側に遭遇しがち……と思っていたら、馬摘星、ナニがしたかったんだの剣投げ行動。渤王に矢からくるりんと庇われてたけど、渤王が黒血で毒に侵されちゃったじゃないのぉ~。疾冲、残っちゃダメよ!と思っていたら、宝娜公主に救われた、ホッ。

ついに真実を告げた疾冲は馬摘星に「渤王の元へー行けばいい」と言い、「優しかった君が誤解と恨みのせいで、冷酷になる姿を見るなんて俺は耐えられない」と告げる。
 疾冲が馬摘星に「あまりに不憫だ」と言うのに、いやいやいや、それ以上にアナタも渤王も遥姫も文衍も不憫なのよ~~~と思った一視聴者。
(つづく)

 

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

 

外部サイト

▼肖戦