笛の音と琴の調べ

ドラマ「陳情令」・「魔道祖師Q」・小説/アニメ「魔道祖師」の感想や考察を綴っているブログです。「愛なんてただそれだけのこと」「宮廷の諍い女」を更新中。⇩カテゴリー選択はスマホでは左にフリックしてください。

狼殿下49話最終回感想/中国の声優④琥珀の硬度,針鼠

49話最終回感想

なんでこんな展開になるのと思っていた前話(牢入りや安神薬とか)であったが、遥姫とのやり取りや無双な馬摘星が見応えあった最終回。

OPを見ていると、あぁこの場面は……と次々と思い出され、映像も美しい。そしてイカモディティ【一个目的地】~♪

馬摘星は意識を失う渤王を抱きしめながら「最後の贈物よ」「残された命を大切に生きて」「蝶の思い出は私だけのものに」と言い、挿入歌『対立面』♪が流れ、うるっと来る……。

溯暘。単身で乗り込むのかと思っていたら、なんと遥姫とだった。赤い馬摘星青い遥姫の鎧姿な並びが映える。髪飾りを交換していて、遥姫のは蛇だけど摘星のは羽根っぽいけど蝶なんかな?
 この並び姿、どこかで見たようなと記憶を辿ると、温情と温寧@陳情令31話の並びだ!温情~~~。允王は皇帝衣裳なのか赤色なのが、馬摘星と同じ赤でちょっとイヤかも。

疾冲さんが目覚めたyo。お約束の宝娜公主の琥珀が守ってくれた。

眠れる渤王には、蝶が知らせにやって行く。置き手紙に「愛する夫君へ/夫君珍重」とあるよ~。だがしかし「私を追わないで」と文に書かれていてもねぇ? 「星が最後に望むものは狼仔の幸せよ。出会ったことに後悔はない」と。

馬摘星が楚有圭の元へと歩いて行く。挿入曲『狼』♪だ!
摘星は楚有圭に都を明け渡すよう言い放つ。
戦闘が始まる!渤王も駆けつける!!
回想場面も流れる。挿入歌『石頭』♪

渤王が城に押し入る場面で、私はついに笑い出していた……。スローモーションという事もあって障害物競走に見えるのよ~~~。
「渤王は我らの命の恩人だぞ」と道をモーゼに開ける場面は、我らが渤王だっ。

殺気みなぎる馬摘星、強い~~~!

王に走り寄る馬摘星に、勲王 楚有禎を人質にとる允王。摘星は楚有禎を突き飛ばし、允王に剣で刺される。摘星が吹っ飛び、渤王到来!お約束の空中抱きとめ、ラップ『我是誰』♪も流れる! 渤王が摘星を抱くここのふたりも美しい。
 渤王は「心の歪んだ人間こそが怪物だったのだ」と言い、あれこれ言っていた允王に剣を投げる。摘星、トドメは刺そうよと思ったが、殺すのはヒーローの役割なんかな。

蝶が舞う狼狩山の情景を思い浮かべ、馬摘星は泣きながら「あなたを忘れたくない。生まれ変わっても蝶を好きでいてほしい。きっと星に会えるから」「約束する」。摘星の手が落ち血にまみれた銅鈴が鳴り、渤王の泣き声が……。

狼狩山の回想場面が流れる。挿入歌『天狼星』♪の歌詞も。疾冲も駆けつけるが目にしたのは、馬摘星を抱きしめ泣き崩れる渤王。雨が激しく降り出し、渤王は楚有禎に見向きもせずに行っちゃったよ……。

エピローグ

楚有禎の語りと共に半年後

勲王 楚有禎皇位を継ぎ、馬摘の教えを守り「恨みを捨て友好的な関係を築きたい」と溍王に帰順する。楚有禎の摘星姉上呼び、イイね。蝶に向かって馬婧が郡主に語りかける。

草原の中にいる宝娜公主に、疾冲が修復した琥珀を返している。(摘星の)矢に刺さったけど(宝娜に)守られて修復したのは、疾冲自身のハートなのかな。
 琥珀って確かやわいよね……と琥珀のモース硬度がつい気になって調べたら2~2.5と、3.5なフォスフォフィライト@宝石の国より低かった!フォスが勝てるアンバー!! ……というのはさておき、琥珀なのは契丹で愛用され、公主の副葬品からも出土しているからかな?

疾冲が一緒に天下をさすらおうと誘ってる!挿入歌『再一天』♪ 楚有禎のナレが「どうやら一人旅ではないようだ」と匂わせなのがイイね。

莫霄海蝶は江南で暮らし始めている。海蝶は身重なのかしら。幼い文衍……はふたりの子どもでイイのかな?孤児に名付けた? 「大きくなったら弟や妹を守るよ」とはまさしく文衍……(泣)。六野も莫霄に抱きついている!良かった良かった。

遥姫は研究と解毒に勤しみ、子神もいる!「人々を救う遥姫様にはよい報いがありますよ」。ふたりは揃ってモード系の衣装なのね。名医と評判だろうけど、治療へ行くには勇気が要りそうな所だな……。

「義兄上は摘星姉上と一緒に姿を消した。狼の世界で唯一の愛を失った義兄上は、摘星姉上のいる世界へと去っていった」。

狼狩山の馬摘星のうしろにはハリネズミの親子の姿が。ハリネズミと同じ体勢になっている馬摘星が可愛い。ハリネズミはなんだろと考えたら、ハリネズミのジレンマかな? 近づきたいけれど、近づくと傷ついてしまうというもの。ふたりの関係でもあったように思えなくもない。
 狼仔時代の回想は、どんどんエピソードが継ぎ足されていくのね。

「ずっと昔 狼狩山に1人の少年と1人の娘がいた。2人は深く愛し合い、少年は娘と共に狼の世界に戻った。娘は苦しみから解放された」

「たとえ運命が2人を敵対させても、愛は恨みに勝てる」

紅児、狼仔と星の物語だよ~~~。ドラマではここで紅児は出て来てません。私が言いたかっただけ……。

蝶が飛来し、紫色衣装な渤王が蝶を見ていると「狼仔」と摘星の声が聞こえ、渤王は微笑み、蝶に手を伸ばすとスルリと蝶は飛んでいく。
蝶を見ている渤王の後ろ姿。
(完)


最終回、良かった~~~。
あんなに無双な馬摘星ならば、渤王、疾冲、遥姫の4人で討ち入ったら死なずに勝てたんじゃね?と思わないでもないが、遥姫との友情や馬摘星の勇姿、渤王に抱かれてのいまわの際や狼仔と星の回想場面が美しく、主人公達以外の人たちは幸せそうなのもあってか、ハッピーエンドではないものの爽やかな最終回であった。

最終回へ向けて最終決戦が来る来る来る~と思っていたが、想像以上に来なくて渤王と摘星のラブ物語が続いたなぁ。

あくまでメインは狼仔と星の物語、であった。

物語後半くらいからは、誰が亡くなるか予想をしており(突然死なれて衝撃を受けないための知恵)、疾冲と結婚した辺りで、これはハッピーエンドはないな、と予想。一時は疾冲も危ぶまれたが、離婚になんの異論もなかったばかりか、宝娜公主がバックに付いたのでこれは大丈夫だと見込む。

そして誰かが助けるかと思った登場人物達は自分で快復していた。そうなのね……。かつて馬摘星を救ったナゾの丸薬、残り二つのどちらかがミラクルを起こすのかと思いきや、なんもなかった。
 遥姫の蛇の髪飾りが実は解毒薬だったりしない?と思ったが、こちらもなかった。簪に期待してしまうのは山河令登頂歴アリゆえ~。
 そして戦狼たちも出てこなかったね……。

文衍の亡くなり方については異論はあるが、馬瑛の殺害に関わってしまったので致し方はない。楚馗も允王も「怪物」だったけど、そもそも義兄の馬俊が発端だったよね。

最後に来世で出会うふたりの姿も見たかったけれど、それはご想像にお任せする……という感じなのかな。

終わりで紫色衣装な渤王に、蝶が「狼仔!」と呼びかけているのを見て、ふと、鷲の追日の声は疾冲にはこんな風に聞こえているのかな?と思ったり。
 もしやあの追日は、川王を慕っていた副将の魂が移っていて、今も川王と行動を共にしているという事はないだろうか。でも副将の声だと疾冲はあんなに罪悪感は募らせないか。
 とはいえ追日と出会ったのは、きっと元帥を退いてからなんじゃないかな……なんて事を妄想して、賢い鷲 追日のことを考えていた。


割とスッキリ描かれた最終回ではあったが、最後の渤王の場面をどう解釈するか?

来世の渤王なのか
現世の渤王で余生の時なのか
仙人となった渤王なのか 山河令アナザーエンディングみたく

不明ではあるが、なんだかスッキリした表情だし、今まで身に着けた事のない紫色の衣装なのも印象的。裾がふんわりとたなびく様子が素敵なのだ。でも冠飾りは渤王のと同じなんよね。
蝶も渤王には止まらずに飛んでいく。

有禎の「2人の愛が別の世界で続きますように」と言う声と重なっていることからも、
来世の渤王で、これから星に出会うのかな?

狼殿下の来世の妄想

辛い日々を送っていたので、来世は現代だといいなと漠然と思いながら見ていた。
そして遥姫は家族になってるよね。渤王大好きな遥姫サマは医学部生で、文衍たちもいて子神は遥姫推しな後輩くん。この世界でも渤王贔屓な楚有禎、ナゾに柿好きな設定にしておこう。
 摘星&渤王と疾冲&宝娜ちゃんとわちゃわちゃして楽しく過ごしてほしいな。
渤王と疾冲の気の置けない関係は長めの尺で……。単なる願望です。

中国の声優④

楚有禎の語りが良かった。温寧があのいけすかない若城主……。そして莫霄はミイラでイケメンなアブーさんでしたか。そういえば万聖節にも狼がでてくるね。

第四皇子 楚有禎金船 ゲーム《原神》重云,魈、ゲーム《食物语》热干面,鬼火绿、ゲーム《战双帕弥什》常羽。

溍王孟宇 《斗罗大陆》鬼斗罗、《大秦赋》李信、《麻雀》陶大春。

通州の若城主 顧清平邵彤 アニメ『魔道祖師』温寧、《有翡》白能、《三生三世枕上书》精卫鸟。

莫霄孙鹏 アニメ『万聖街』アブー。

峰程俞安琪

 

まだまだ狼殿下記事は続きます!

 

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

 

外部サイト

▼挿入歌ではなく劇中歌OST

 

 

 

 

 

 

 

 

▼「宝石の国」のフォスフォフィライト。

 

 

▼左下がアブーさん。