笛の音と琴の調べ

ドラマ「陳情令」・「魔道祖師Q」・小説/アニメ「魔道祖師」の感想や考察を綴っているブログです。「陳情令」「風起洛陽」を更新中。⇩カテゴリー選択はスマホでは左にフリックしてください。

成化十四年42話~44話/范仲淹,十灰散,餃子,オイラトの歌

42話

処方箋は、堕胎用生薬:馬銭(まちん),生南星(しょうなんしょう),川烏頭(せんうず)、安胎薬:黄芩(おうごん),白朮(びゃくじゅつ),砂仁(しゃにん),阿膠(あきょう)、出産後体力回復に関わる薬剤、幼児の成長に必要な強壮剤と解説される。

オイラトの歌【岩山】

在那黄色的山峰上 挂起了黄色的彩虹
想起了哺育我的母亲 心中阵阵思念啊
遥か彼方の黄色い峰に、黄色い虹が架かった。
我が慈母を思い出し、胸がいっぱいになる。

賈逵のオイラト人扮装も様になっている。黒将軍はエセン・ハンが捕えた異民族の将軍。明の皇帝の側近だったが、帰順して多くの戦功を立てた。賈逵のこの場面は予告で流れていたが、ワザとだったのか。

高将軍は高祥の事も息子と認め、安定伯に封じられる。高祥、高将軍を知らないって結構ノンキだな。高将軍は共に出征した文臣武将66名が全滅したため、宦官の讒言に耳を貸さないようにと進言する。

高将軍のモノローグ。エセンは将軍を殺さず5年間苦しめ、ある日子供を連れてきて「母親は漢人に殺された。憎しみを持って育てたくはない。お前なら平等な心で教育できる。漢人の文化を授ければ命は取らぬ」と托す。「憎きオイラト人もまた愛を知る善良な者たち」と悟る将軍。

その子供は、オイラトの前ハンであるエセンの次男オシュ・テムル。エセン・ハンの死後、長男ボロナハルと次男が権力争いを始める。優勢なのは旧臣の支持を得たボロナハル。オシュ・テムルは劣勢を覆そうとしている。アラスはオシュ・テムル派。将軍はオイラトと明の絆になってほしかったと話す。皇帝は許すまいと言うし、実際そうだろう。「黒でなければ白」。

唐泛が将軍に手錠を掛け、しれっと将軍が外す場面はとぼけていて楽しい。髭をはやして変装して歓意楼へおもむく唐泛。女将にはバレてるので大したことない扮装なのね。

唐泛が積極的に動き出すと、向こう見ずではあるが一貫してこういうキャラなのだと実感する。


BTS傅孟柏唐泛とは激情を交わすシーンが多い。冬児とは大人でも子供でもなく、男と女でもない微妙な関係、ウユンたちは拒絶から受容と話す。

官鴻は傅孟柏との演技はリラックスでき皆仲良し。劉耀元は気難しいと思ったら無口なだけでかわいいと。皆で傅孟柏の誕生日を祝い、王冠を被っている傅孟柏が微笑ましい。

 

43話

万通が「命令だ」と言うのを隋州がすっと耳を近づけ、あたかも命令を受けたように「はい、承知」と勝手に歓意楼に入って行くのに笑う。

汪植が高将軍と唐泛に銃を向けるが撃たない。高将軍が李子龍に会いに行く場面で「花傘はいかが」の声。手土産な唐泛さん、美しい~。

半月後、立春の大典で陛下暗殺をもくろむ情報が手に入る。銃に毒に弓矢に脳内シミレーションに励む汪植さん。最近の丁容さんは「はい」ばかり繰り返しているな。

テムジン(チンギス・ハーン)配下の騎射隊は射程は200歩、強者は300歩。午門から太和門までは400歩。弓の名人はウユンプラガ、そういえばそうだったね。

万貴妃の髪を梳く汪植。

逃げだす李子龍と青歌の馬車の御者はお久な金三娘。切られたけど大丈夫よね?改造された車輪で幅が狭く操りにくいが速度は増すらしい。車のタイヤとは反対なのね。木材には柏が用いられ油分が多く匂いで分かるそうだ。

林の木を伐採、太廟の屋根の上、火縄銃では500歩先まで狙え、オイラトには3人いるそうだ。博浪は随時、倉庫に移されている、むむむ。

青歌は唐泛に羊肉を差入れる。

BTSはなくなり、いよいよ物語は大詰め!


44話

汪植側の博浪の在りかを知るのは丁容のみ、コレって未完成の爆弾だよね?

唐泛を探す隋州はウユンプラガに「唐泛のような生き方なら死んでも悔いはなかろう」と言い、「信念を貫いた人生だからか」に「いや、食が生きがいだからだ」に笑うウユンプラガの顔が可愛い。隋州は「お腹をすかせているから、連れて帰って食わせないと」と。

有能な丁容さんが調査した弓の名人。
1.花御虎女真族。幼少から弓術を習い、牛の尾に虱をつけ眼力を鍛え、鷹目の異名を取る。
2.グリジャバトゥ:韃靼の出。生業は護衛で、生まれつき怪力で300歩先まで矢を放つ。命中率が高いので外出時所持する矢は3本のみ。人呼んで鼓里三箭
3.柳白:南京出身で揚州に在住。元は南京守備軍 弓兵の教頭で、矢を射れば岩をも貫き、人呼んで神臂柳白
似顔絵付きで楽しい設定なのだけれど、あっさり映像とナレーションのみだった。

4人目の弓の達人であるウユンプラガは汪植に牢に入れられ、「唐泛が見つかったら生死に関わらず知らせてくれ」と言うと、汪植は「安否を気遣う友がいるのは幸せだ。持ちつ持たれつ」と答えるが、いやいやいやあれだけ協力して、嫌疑を避けるためとは言え牢入りでは、ウユンの方が持ち出し多いて。仲間認定でいいんじゃないか。

ひとり残されている冬児のもとを汪植が尋ねると、餃子を準備して待っていた。前は汪植が作ってくれたのが、今回は冬児が餃子を作り、ふたりで餃子を食べる場面がいいな。「餃子には団欒を願う意味があり、餡を皮で包み平安を祈り、身内が家を離れた時たくさん食べるとすぐ戻ってくる」のだと説明する冬児。汪植と冬児の関係もいいよね。

金三娘は生きており、救難信号を打ち上げる。

牢の中の唐泛が妙になまめかしく美しい~~~。ボサボサ頭に簡素な服な方が美しいってどういうこと。「一日師たれば終身父たり」に対して、オシュ・テムルは「鳴いて死すとも黙して生きず」と反論する。

《鸣沙石室佚书-太公家教》
弟子事师,敬同于父,习其道也,学其言语。……忠臣无境外之交,弟子有柬修之好。一日为师,终身为父

范仲淹(宋代)《灵乌赋》
凤岂以讥而不灵,麟岂以伤而不仁?故割而可卷,孰为神兵;焚而可变,孰为英琼。宁鸣而死,不默而生

李子龍を背にして足を伸ばして坐っている唐泛の姿も美しい~。李子龍が「もし1人の犠牲により100万人を救えるならお前はどうする?」に対して、「1人か100万人か選ぶ必要などないんだ。真の悪人は規則を決めた者」と答える。数の論理ならば100万人だけれど、隋州や汪植にとって、その1人が唐泛や万貴妃ならば1人を取りかねないとも思う設問。

李子龍は博浪を全て手に入れ、皇帝を差し出す決心をさせるために、唐泛を解放すると言う。

金三娘が裴淮の元にかつぎ込まれ、十灰散と九塊湯を指示し、テキパキと応じる唐瑜姉さん。すっかり助手として有能になっている。十灰散は『十薬神書』出典の止血剤で、大蓟,小蓟,茜草,栀子,牡丹皮,棕榈,侧柏叶,白茅根,大黄,荷叶の10種類が用いられている。

金三娘に鉄市と知らされた隋州は探し回り、背中を切られた唐泛は爆弾を抱えたまま歩く……。えっ、ここで唐泛、剣で切られるの?? そして「広川~~~」の声に反応した隋州が、駆け寄る間に今までのふたりの映像が映し出され、唐泛を抱きかかえる隋州。突然、繰り広げられるブロマンス感!

 

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

 

外部サイト

 

成化十四年:全2册

成化十四年:全2册

Amazon

 

岩山

岩山

  • 先锋创意
Amazon