笛の音と琴の調べ

ドラマ「陳情令」・「魔道祖師Q」・小説/アニメ「魔道祖師」の感想や考察を綴っているブログです。「陳情令」「風起洛陽」を更新中。⇩カテゴリー選択はスマホでは左にフリックしてください。

瓔珞41話~45話感想考察/紅楼夢,鵲華秋色図,令嬪,梔子の花劉禹錫,杜康酒

瓔珞41話メモ

・訥親:史実でも清軍は大敗をきたし、乾隆帝は傅恒を代わりに送り、1749年帰京した訥親に自刃を命じた。

・亀齢集の処方、33種の生薬で長生き:宋時代から伝わる滋養強壮剤で、山西省の特産品。現在も販売されている。

皇后 輝発那拉氏(ホイファナラ):乾隆15年(1750年)に皇后那拉氏となる。

傅恒は自ら志願して金川へ赴く。爾晴も面倒くさい人だなあ。傅恒は皇帝の落胤とは信じていないのか、「尼寺で暮らすんだな」はハムレット……。

挿入歌『宮牆柳』が流れる中、傅恒は円明園へ。なぜか流れ続ける瓔珞&袁春望ムービー、二人しかおらんのかーい。

太后に推薦されて嫻皇貴妃は皇后へ。皇后 輝発那拉氏は、亡き母親に「無能ではない、この姿を見せたい」と語りかける。

なぜか今年の万寿節は円明園の正大光明殿で催される。かつて奇術のあった万寿節か、あの頃が懐かしいな……。愉妃は純貴妃派、牡丹の花を見に行こうと純貴妃に言っている。

瓔珞は明玉と再会するが避けられる。袁春望は時のなせる業と言い、簪を瓔珞に贈る。早速、刺客を送り込む純貴妃。桃色衣装でも怖いのね!

祭壇の菓子から明玉を召し出すことに成功。8本の銀針!? こわ~~~~~~~。しかもまだあるの?

 

瓔珞42話メモ

熟火処:防火用の水甕である吉祥缸の水を、炭を用いて凍結しないようにする部署。啓蟄の頃まで行う。

鳳凰:あごは燕、くちばしは鶏、五色を備う。瑞鳥。

・瑞兆:雍正帝の時代には、天が治世を嘉するものとして瑞祥が喧伝されたとか。

九州清晏殿(せいあん):円明園西部の前湖と後湖との間にあり、皇帝の寝室がある。

 

熟火処の管事 王忠が玉壺とあいびきしており、純貴妃が火事の黒幕とわかり、瓔珞は「一撃でしとめねば」と後ろ盾を捜す、スナイパー瓔珞。

海蘭察が爽やかだ~~~。皇太后が放鳥した中に鳳凰がおり瑞祥と。錦鯉は寿の文字となる。愉妃 珂里葉特氏、あれだけ世話になっておきながら瓔珞にキビシく、慶貴人 陸氏は優しい。

そして瓔珞は答応どころか常在も飛び越え一気に貴人へと!! なんせ嫻妃を推挙した皇太后。瓔珞も気に入る。かつての蝙蝠と言い、皇太后は鳥にちなんで妃嬪に引き立てるのね。居並ぶ妃嬪が嫌そう~な様子がちょっと面白い。

袁春望は瓔珞に共に逃げようと言い、去るなら裏切りと。そうか、瓔珞は寝ていたから袁春望の出自を知らないのか。

早速、夜伽に召し出され瓔珞は紫色衣装へと。「おびえてばかりでは生きている意味がない」と瓔珞節は健在。それでも瓔珞が侍女に支えられているのがまだ見慣れず新鮮。皇上より嫌がらせの待ちぼうけをくらい、瓔珞はお菓子を悠々と食べているし、喪服で抗議。
でも皇上は海蘭察には「魏貴人だ」と言うのよね。海蘭察の姑娘呼びも良かったんだけどな。海蘭察もたまげたよね。

 

瓔珞43話メモ

・瓔珞が演じる:どこかで会ったことのある人だ~。民間の雑書。才子と佳人。賈宝玉賈母(宝玉の祖母)とのやり取りで、宝玉が黛玉と初めて会う場面。

紅楼夢

宝玉看罢,因笑道:这个妹妹我曾经见过。贾母笑道:可又是胡说,你又何曾见过她?宝玉笑道:虽然未曾见过她,然我看着面善,心里就算是旧相识,今日只作远别重逢,亦未为不可!

宝玉は笑って言った「どこかで会ったことのある人だ」。贾母も笑って言った「嘘おっしゃい。お前がどこで会ったというの?」 宝玉は笑って言った「会ったことがなくても顔に覚えがあります。昔からの知り合いのように、久しぶりに再会したとしても構わぬのではないですか」。

四徳:古代中国女性の美徳。『周礼 天官 内宰』德、言、容、功


嫻皇后は、瓔珞で純貴妃を牽制したい。愉妃も妙案を提案する程には逞しくなっているが、相手がワルいよね。愉妃の様変わりは、勢いづいている時に悲惨な過去は消したいというものか。でも瓔珞は違う。

配属された延禧宮はボロい。瓔珞も黒羽根な雲肩でヤル気満々ね。この薄青色な衣装、綺麗ね。琥珀がいると、瓔珞の出世ぶりが実感できるな。明玉との作戦会議。琥珀を送り込むが妙案なのは、さすが地味ね……。針に比べれば、どんな策略も大したことなく思える。

庇護がないため慎重な瓔珞。寂れた妃嬪は、雑草が生え廃屋となり食事は冷たく手当も滞りバカにされる……格差社会なのね。


太后は瓔珞に大笑い。祖母に孫が甘える感があると思っていたら、瓔珞が演じた劇中小説もそんなやり取りだった。皇太后は慎ましいのより、利口でやり手な妃嬪がお好み。そして皇上キックが琥珀に~~~。舒嬪はオチ要員。

手玉にとられる皇上を見るのは楽しい。梔子の香りとお月見の下ついに……。明玉と李玉が顔を見合わせるのに笑ってしまう。李玉は気が効くなあ。海蘭察が明玉を全力で守ると。しかし全力で守るは今まであんまり良いフラグではないような……。明玉は瓔珞の右腕になると言っている。

頴貴人 巴林氏(刘璐)、婉嬪 陳氏(王欣慧)登場。朝露でお茶はかつて嫻妃が皇后のためにしていたけれど、それを皆に知らせずにいる嫻皇后もなかなか……。かつて富察皇后時代の時は、参加していない妃嬪がいたんだっけ? そして嘉嬪 金氏まで登場!嘉嬪ので儲秀宮住まい。侍女は蘭児(刘诗童)。性格は姉よりも浅知恵でわかりやすい。悪役妃嬪は愉しいなあ。

 

瓔珞44話メモ

趙孟頫(ちょうもうふ)の『鵲華秋色図』(じゃくかしゅうしょくず):元代の絵画。済南(山東省)の名山である鵲山,華山が描かれている。故宮博物院所蔵。

・純貴妃が言う~古宮 閑地少なく 水港 小橋多し~:「陳情令と中国文学⑫盡枕河客棧」で解説。蘇州を詠ったもの。

唐 杜荀鶴『送人遊呉
古宮閑地少 水港小橋多 夜市売菱藕 春船載綺羅

・工部尚書 哈達哈(ハダハ)を正使、内閣学士 伍齢安(ウリンガ)を副使として、令嬪に封じる:史実では1745年1月23日魏貴人に、11月17日令嬪に冊封されるという超出世。

・令:玉のごとき美に与えられる封号。

詩経 大雅 巻阿

颙颙卬卬,如圭如璋令闻令望。岂弟君子,四方为纲。凤凰于飞,

いと高くいと尊く、圭のごとく璋のごとくよききこえ よきほまれあり。やすみしわが大君は、四方統ぶる網となります。鳳凰は飛ぶ

目加田誠詩経・楚辞」1969 平凡社

・傅恒は一等忠勇公に封じられ、宝石の頂玉四団龍補服を賜わる:川金川之役は乾隆帝の十大武功の一。史実でも红宝石帽顶を賜わったようで、帽子の上に飾られる宝石。四団龍は通常親王、群王しか着用できず異例のことである。

 

皇上は瓔珞がいないとなると、お部屋訪問で出来栄えをチェック。そして焦らされまんまとのる皇上。嘉嬪妹、これはしてやられるやつ……ただ同じ人が演じてると思うと、面白いなぁ。こういう面倒くさいタイプは、相手しちゃうけどお好みではない皇上。

訪れのない時もブランコで楽しむ魏貴人。皇上は久々の茶碗投げ。葉天士やるぅ。瓔珞は下賜品をゲットしといて皇太后にまわすという……仮病で拒否はかつての純妃やんか。やっぱり瓔珞の方が一枚上手なのは、惹かれたもん負けね。皇上も新鮮だろうなぁ。皇上は賢くてすぐになびかない妃嬪を落とすのがお好きなようで。

そして魏貴人は令嬪に!!3ヶ月でここまで駆け上がる。女則書写は28話で、かつて富察傅恒皇后が福晋時代に孝敬憲皇后より受けた罰か。

帰京した傅恒でさえも毒蛇な嫉妬に苛まれる。円明園で瓔珞が傅恒の事を思ったが、それはいまや昔のこと……。だから富察皇后は後宮から出したかったんだろうけれど。だけど爾晴を正妻としている所に迎えるのは、それはそれで差し違えるしかない泥沼よね……。

 

瓔珞45話メモ

・嘉嬪が言う~梔子の漢詩。題名からして「嬪」「女」と引用に面白い漢詩。蜀の花は四川、呉の花なら純貴妃だけれど。梅(富察皇后)も詠まれているのがミソなのかしら。令狐相公は令狐綯(れいことう)とされている。

劉禹錫和令狐相公詠梔子花

蜀国花已尽越桃今已开
色疑琼树倚香似玉京来
且赏同心处,那忧别叶催。
佳人如拟咏,何必待寒梅。

蜀の花はすでに尽き、梔子の花は今が盛り
色は瓊樹の花のごとく、その香は玉京に似る

・瓔珞が売っていたお酒:桑落20(山西)、新豊40、菊花酒30、竹葉青20(山西)、女児紅25、皇后が利酒した杜康酒。皇后以外はどの酒が誰か分かりにくいけれど、6人の妃嬪かな? 年齢かと思ったけれど、ドラマでは皇后が年長扱いになっているし。史実では、純貴妃と嘉妃が同世代、嫻皇后、慶貴人、令嬪と舒嬪が同じ位。

竹葉青女児紅は『山河令』でも出ておりそちらで説明。桑落酒山西省永済市産。北魏末からの中国伝統名酒の一で、六朝と言えば桑落酒。漢代と言えば新豊酒だそうな。新豊酒漢詩でもよく詠まれている。菊花酒は長寿酒とも。杜康酒は中国最古の歴史的名酒。古代中国伝説の醸造酒の始祖である杜康にちなんで名付けられた。


朕から見た妃嬪たち……純貴妃は優しく気持ちをくんでくれ、何も求めないからくつろげる、皇后は善良で賢く、嘉嬪は見目麗しい、舒嬪は明るく、慶貴人は純真、だそうな。

その純貴妃も嘉嬪も皇后も少しずつ朕に令嬪への毒をもる……。傅恒は瓔珞のことを「正義感に満ちている」と言うのに対して、令嬪は「恨みを忘れないだけ」と言い返す。

小全子(郑龙)登場。明玉と海蘭察は爽やかさん。

瓔珞は酒売り女に扮して蘇州なまりで酒を売る、そして皇上の天邪鬼を逆手にとる。瓔珞の嘉嬪、純貴妃、嫻皇后のモノマネに大笑い。

皇上は一番の策士を気に入ってしまったと。

 

 

 

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

 

▼杜荀鶴『送人遊呉』について

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

 

 

外部サイト

▼第29~第42話

▼第43~第56話