笛の音と琴の調べ

ドラマ「陳情令」・「魔道祖師Q」・小説/アニメ「魔道祖師」の感想や考察を綴っているブログです。「魔道祖師アニメ」「尚食」「花小厨」「ワンザウーマン」を更新中。⇩カテゴリー選択はスマホでは左にフリックしてください。

尚食11話,12話料理感想/孟賢,雲林,王維 使至塞上,萬暦野獲編,跌千金,宋礼,蟹羹

11話メモ&感想

除夜。五城兵馬司まで出動し謀反の阻止に向かい、常山護衛指揮 孟賢、羽林前衛 吉彭旭、欽天監官 王射成、内侍 楊慶父子が捕らえられる。常山護衛は趙王の配下、毒とおぼしき酒をめぐっての三人の皇子たちはもはやコント。

《明史》本纪·卷七
二十一年春正月乙未,大礼天地于南郊。癸卯,交阯参将荣昌伯陈智追败黎利于车来。二月己巳,都指挥使鹿荣讨柳州叛蛮,平之。三月庚子,御史王愈等会决重囚,误杀无罪四人,坐弃市。
夏五月癸未,免开封、南阳、卫辉、凤阳等府去年水灾田租。己丑,常山护卫指挥孟贤等谋逆,伏诛。六月庚戌朔,日有食之。

永楽21年5月10日に実際に捕らえられたようだ。

漢王妃は卵白を食すとぜんそく発作が出ることを知る蘇月華。蘇月華には漢王妃は卵で持病を抑えていると知らされていた。尚食局の主事は除夜に死人が出せば罪となる。孟尚食と蘇月華のすれ違い……。

永楽帝は「人々を惹きつける宝を持つ都には盗賊も絶えない。都外れの荒れ寺は蜘蛛の巣以外何もなくついには鼠にも顧みられぬ」。鼠……。皇太孫は「首領は最も勇敢な者で、武器を取り軍を組織し部族と食糧を守る者、仁義にこだわれば凡庸で終わる」と言う。

胡司膳と王司膳は結託しており、祖訓で妃妃や女官は宮中の外のことに関われないゆえ、孟尚食は追い落される。欺くために不仲を演じていた……本当に仲が良いならいいけれど、利用しているならヤだな。孟尚食、あっけなかった。

新年(永楽21年)。爆竹が鳴り餃子を食べている。皇太孫が食べる餃子はどれも銭が入って大当たり、一方、袁琦が食べると何も入っていない。長い棒を投げては打ちつけているのが謎だったが、「跌千金」と呼ばれるもののようだ。

刘若愚(明代)《酌中志·卷二十·饮食好尚纪略》
正月初一五更起,焚香放纸炮,将门闩或木杠于院地上抛掷三度,名曰“跌千金”。饮椒柏酒,吃水点心,即"扁食”也。或暗包银钱一二于内,得之者以卜一年之吉。

漢王妃も亡くなってしまい……やはし游一帆の復讐だったか。小さい鶏が勝ったのはこの辺りにも掛かってるのかな。アレルギーの概念っていつ頃からなんだろう?

あっさり胡尚食のおな~り~。尚食主事になるための対決はないのか、楽しみにしていたんだけど。

11話料理メモ

除夜の宴。豆腐を千切りにした文藻豆腐松の実の鶏肉巻き(松子鶏巻)。紅焼肉に嬉しそうな皇太子。南北朝を起源とし,賈思勰《齊民要術》に作り方が記載されている

鮒の羹(鯽魚肚兒羹)「冬の鮒は肉厚で新鮮」、前朝の画家雲林先生が記した料理で魚の腹だけを使い花椒で調味し独特の風味。荘妃にも懐かしい母の味。雲林は倪瓚(げいさん)の号。

倪瓚(元末明初代)《雲林堂飲食制度集》
鯽魚肉厚,味道鮮美,令人回味無窮。

殷紫萍が燕の巣を使い白木耳(きくらげ)に勝負をする。胡桃と豚の腎炒め(核桃仁炒豬腰)。鼎湖上素は白木耳、金耳、石木耳など6種の木耳類を使う。燕の巣の甘口芙蓉仕立てを韓王妃は下げさせる。福寿全三事は鮑、ふかひれ、海鼠、帆立の貝柱、鹿筋など28種の食材を花彫酒で煮込む。

普洱茶でお口直し。尚食局の極上蟹羹(極蟹羹)には蟹の汁物(氽大甲)。ポイントは蟹醤で、最も肥えた9月の大閘蟹の卵と蟹味噌だけを使い丹念に作られた禿黄油は香ばしい至高の味。北宋の傅肱《蟹譜》、南宋の高似孫《蟹略》で蟹について詳しく記されている。


12話メモ&感想

いきなり孟尚食もとい、孟紫澐は野菜を届ける係で再登場。この転落が宮中の恐ろしさ……。聞宴桃典膳はここぞとばかりにイケズ対応だけど、方典膳の動揺がちょっと救い。孟紫澐がこうして紫禁城に留まるのは、まだまだ絡んでくるのね。

うたた寝をした姚子衿をお姫様抱っこして連れていき、寝ているのにキスまでしちゃう王子サマ。今度は猫の絵を描いている。鼠から猫へ昇格なのか? 姚子衿にとっては尚食局で過ごす時間は最も穏やかで幸せという割には、トップ交代で不穏に思えるのだけれど。

姚子衿が琴を弾き、皇太孫が笛を奏でた曲は殿下作。子衿さんも耳コピできる人なの?

弟 朱瞻埏(せんえん)は「砂漠の孤煙、長江の落日」という3歳でも暗記できることもおぼつかない。狐→炊、落日→饅頭と言われているが、落日ね……。朱瞻埏の母親は郭氏、口が達者そうなのは母譲り?

王维《使至塞上》
单车欲问边,属国过居延。
征蓬出汉塞,归雁入胡天。
大漠烟直,长河落日
萧关逢侯骑,都护在燕然。
単身、辺境を訪れようと、属国の居延に立ち寄る。
まろびゆく蓬さながら、漢の要塞を出て、北の国に帰る雁とともに異国の空に入る。
広大な砂漠に一筋の煙がますぐに立ちのぼり、遥かに流れる黄河落日がまん丸い
蕭関で偵察の騎兵に出会ったら、都護どのは燕然山をしかと守っている、と言う。
川合康三「中国名詩選 中」2015 岩波書店

「公務で辺塞な地に赴く」というタイトルの王維の詩。

上元節永楽帝は大臣と万歳山へ行く日。老いた愛馬を手入れしている皇帝。
明朝の皇帝は対聯を好み、かつて永楽帝の上の句「万方より玉帛集い風雲の会/万方玉帛风云会」に対して、皇太孫が下の句「山河統一日月が照らす/一统山河日月明」を読んでいた。沈徳符の『萬暦野獲編』に記されている。

《万历野获篇》补遗卷一
【宣宗击射】永乐十一年五月午节,车驾幸东苑,观击球射柳,听文武群臣、四夷朝使,及在京耆老聚观。先是命行在礼部议,分击球官为两朋。是日天清日朗,风埃不作,命驸马都尉广平侯袁容领左朋,宁阳侯陈懋领右朋,自皇太孙而下,诸王大臣以次击射,皇太孙击射,连发皆中。上大喜,射毕,进皇太孙嘉劳之。因曰:“今日华夷毕集,朕有一言。尔当思对之,曰:万方玉帛风云会“。皇太孙即叩头对曰:“一统山河日月明。“上喜甚,赐名马锦绮罗纱及番国布,因命儒臣赋诗,赐群臣宴。时,太孙侍上在北京。明年上北征,仍以太孙随侍军中,比报大捷,劝上早还,遂以七月班师。盖太孙神武不杀,久为文皇所默契。即太子苦救汉王,文皇屡顾太孙,谓“朕不欲以祸本贻尔“。则神算托付,祖孙一揆。他年乐安州之叛,一举天戈,如摧枯拉朽,真天授,非人力也。

永楽11年5月にあった出来事として、かつて14歳の皇太孫は端午節で見事な弓術を披露。これらを気に入られ皇長孫から皇太孫となったとも。

9層の灯籠も立ち、雑伎や蹴鞠も。蹴鞠に才能がある殷紫萍が呉才人に誘われ参加するも活躍すると、負けず嫌いな呉才人にボコられたよう。

皇太子妃の母 彭城伯夫人は、皇太孫妃をお気に召さない。他に候補がいたようだ。

灯籠に猫の絵を描いている姚子衿に、游一帆が子衿の壊れた簪を直して渡そうとしたが、そこへあらわる皇太孫。ぐぬぬとなる游一帆。猫の名は硯台って、書道の硯よね? 姚子衿も「阿狸」という猫の名を持っていると話すが、面白い名だとしか言われない。

南方の食糧を北方に運ぶため運河を造るが、土手が川に浸食されている。永楽9年に宋礼が勅命を受け築いた。皇太孫は姚子衿の人物画を描き始める。宋礼は明の著名な水利官員で工部尚書。永楽9年に山東にある会通河の浚渫を命じられた。会通河は山東山東から臨清に至り、京杭大運河でも高地にあり水が不足し運河としての機能を果たさない時もあったが、宋礼の大規模工事を経て輸送力を大幅に改善した。

孤独な蘇月華を王司膳が慰め抱きしめる。蘇月華はツラいよなぁ。母娘2代に渡って人を殺める事件に巻き込まれるという因縁……。

皇太孫が前は仕留めたウサギも、今回は姚子衿に贈っている。赤いヒダヒダな衣の人が姚子衿の元から持ち去っているのはなにゆえ?

永楽22年。陛下は北伐に反対した夏原吉を殺すとおおせ。皇太孫の衣装の模様が良い感じ。夏原吉は明朝の重臣で、史実では永楽21年の北伐に反対し投獄されている。

12話料理メモ

皇太孫妃太極山査子乳露を届ける。きれいな太極図になるものだ。赤色は山査子、白色は牛乳で色を付け砂糖を加え、澱粉(でんぷん)で固めている。碁を打ち、姚子衿にも理解を示す皇太孫妃は良い人なのよね。赤白、どちらの色が姚子衿なんだろ?

(つづく)

 

 

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

fuenone2020.hatenablog.com

 

外部サイト

ASIAN POPS MAGAZINE 159号